カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 普段温厚な僕がこうやって辛口で言うんで、必ず選手はやってくれると思いますけどね | トップページ | ギャリー・ネヴィルがペナルティエリアまで来て、スコールズと一緒に左足を一生懸命振っている、あれはちょっと感動的でしたね »

スピードプラス持久力というか、牝馬としては流れのきついレースだったと思いますよ。本当に力のある馬が上位を独占したという感じでしょうね

2010年4月10日放送 グリーンCH A1 NEWS STAGE

木藤隆行さん

最初の800メートルは47秒5とちょっとスローなんですけれども、最初の1ハロンが12.6なんですけれども、そのあとずっと11秒台で、ラストだけが12.2ということで、道中スローペースの割に途中5ハロンからきつい流れというか、スピードプラス持久力というか、牝馬としては流れのきついレースだったと思いますよ。本当に力のある馬が上位を独占したという感じでしょうね。

アパパネのマイル適性と完成度。ここをまず狙ってきたという陣営の努力がわかりましたね。

オウケンサクラがうまく逃げて、直後にアプリコットフィズ、いつでも差せる位置にいましたね。ここにエーシンリターンズ、そしてアパパネも虎視眈々で、最初は内を狙うんですけれども、ちょっと狭くなって、外、そして最後大外、二回外に出しているんですけれども、それでも瞬発力、ゴール前で差したというのは力、何物でもなかったなという気がしましたね。

« 普段温厚な僕がこうやって辛口で言うんで、必ず選手はやってくれると思いますけどね | トップページ | ギャリー・ネヴィルがペナルティエリアまで来て、スコールズと一緒に左足を一生懸命振っている、あれはちょっと感動的でしたね »

A1 NEWS STAGE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/48068111

この記事へのトラックバック一覧です: スピードプラス持久力というか、牝馬としては流れのきついレースだったと思いますよ。本当に力のある馬が上位を独占したという感じでしょうね:

« 普段温厚な僕がこうやって辛口で言うんで、必ず選手はやってくれると思いますけどね | トップページ | ギャリー・ネヴィルがペナルティエリアまで来て、スコールズと一緒に左足を一生懸命振っている、あれはちょっと感動的でしたね »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ