カテゴリー

最近のコメント

« 今後数年間で、累計で600万件以上の差し押さえが発生する可能性も示しています | トップページ | アメリカにはどんなに苦しくても自分の力で人生を切り開くべきであり、政府は介入すべきでないという考え方が根強くあります »

上の方がそれを引き出す力があれば、ゆとり教育世代というのはものすごくポテンシャルを持っているんですね

2010年4月15日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

ベネッセコーポレーション 藤井雅徳 課長
ウェブを通して、海外の大学入試の情報であったり、10年前と比べると明らかにアクセスしやすい環境でありますし、保護者の方も海外赴任であったり、海外で学位を取られて戻られてくる件数も増えていますので、大学院から留学というよりは、アンダーグラデュエイトから進学していくというニーズが高まってきていると。
今までアイビーリーグに合格していっている属性というのは、インターナショナルスクールであったり、私立の帰国子女のコースで入学していった層が大半だったんですけれども、今回、Route Hの属性を見てみますと、普通科の高校から日本で生まれ育って受験をしていった子たちなので、そういう意味では、多くの高校生に選択肢を提示できているのかなあと。

ヒューマンデザインオーソリティ 近藤正拡 社長
ホワイトボードか、ちゃんとトレーニングされているかのどちらかになっているので、実は、やりようによって、一番どちらにせよ伸ばせるのがゆとり教育世代だと思っています。上の方がそれを引き出す力があれば、ゆとり教育世代というのはものすごくポテンシャルを持っているんですね。

産業能率大学 総合研究所 村田雅子さん
不安というところが物心ついたときから感じているという年代になると思います。安定志向ですので、同じ組織で続けて安定した状態で雇用してもらうことを望んでいるということになると思います。

« 今後数年間で、累計で600万件以上の差し押さえが発生する可能性も示しています | トップページ | アメリカにはどんなに苦しくても自分の力で人生を切り開くべきであり、政府は介入すべきでないという考え方が根強くあります »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今後数年間で、累計で600万件以上の差し押さえが発生する可能性も示しています | トップページ | アメリカにはどんなに苦しくても自分の力で人生を切り開くべきであり、政府は介入すべきでないという考え方が根強くあります »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ