カテゴリー

最近のコメント

« 災いを払って、幸せを呼び込みたい、人々が星に託したその思いは時代を超えて受け継がれています | トップページ | 人民元は近く切り上げられるはずだ。一度に大きく切り上げた後、一定範囲で動けるようにすれば、投機的な資金が流れ込むのを防げる »

頼光さんは智光さんに極楽の絵を描いて、それをみて、極楽に来たいと願ったら極楽に来れると教わるわけです

2010年4月29日放送 NHK BS1 45日間奈良時代一周 庶民の祈り

元興寺 住職 辻村泰善さん

向かって右にお坊さんがいます。その人は智光という人で、左が頼光という人なんですよね。この部屋に住んでいた人なんですけども、奈良時代に。頼光という人が先に亡くなるんです。そうしますと、夢の中で、頼光さんに会うんですが、なんとそれは極楽であったということなんです。頼光さんに、どないしたら極楽に来れるかということを聞くんです。そうしたときに、頼光さんは智光さんに極楽の絵を描いて、それをみて、極楽に来たいと願ったら極楽に来れると教わるわけです。それで、夢から覚めて、その極楽の絵を描いたという、それが智項曼荼羅と呼ばれているもの。

« 災いを払って、幸せを呼び込みたい、人々が星に託したその思いは時代を超えて受け継がれています | トップページ | 人民元は近く切り上げられるはずだ。一度に大きく切り上げた後、一定範囲で動けるようにすれば、投機的な資金が流れ込むのを防げる »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 災いを払って、幸せを呼び込みたい、人々が星に託したその思いは時代を超えて受け継がれています | トップページ | 人民元は近く切り上げられるはずだ。一度に大きく切り上げた後、一定範囲で動けるようにすれば、投機的な資金が流れ込むのを防げる »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ