カテゴリー

最近のコメント

« 日本人の中にいちばん居心地のいい形で芽生えて、自然の中で修業するということを大変に大事にする、そういう宗教なんです | トップページ | いわゆる禅寺の石庭みたいなところでも、江戸時代の大名庭園みたいなことろでも、基本的には自然石ですよね »

果たして一休からの謎を解く頓智はあるのでしょうか。答えを待ちながら、木像は凛然と佇んでいます

2010年4月21日放送 NHK総合 歴史秘話ヒストリア

みんな好き好き一休さん 禅の心で自由に生きろ

一休は自分が世を去った後も弟子たちが迷わないように、彼らが守るべき規則を残しました。弟子たちへのメッセージとも言うべきずらりと並ぶ10カ条あまりの規則。その冒頭に挙げたのが和合の精神でした。皆で相談をしながら、腰を据えて、物事の本質を考えなさい。鮮やかな頓智によって、一人で解決してきた一休が最後に弟子たちに残した教えは、自分が歩んだ奇抜な生き方ではなく、実にまっとうなものでした。

一休はあえて自分の生々しい姿を後世に残しました。木像は生きた一休なのか、あるいはただの人形なのか、見るものに静かに問いかけてきます。

一休が私たちに残してくれたのは、考える時間でした。果たして一休からの謎を解く頓智はあるのでしょうか。答えを待ちながら、木像は凛然と佇んでいます。今までも、そしてこれからもずっと。

« 日本人の中にいちばん居心地のいい形で芽生えて、自然の中で修業するということを大変に大事にする、そういう宗教なんです | トップページ | いわゆる禅寺の石庭みたいなところでも、江戸時代の大名庭園みたいなことろでも、基本的には自然石ですよね »

歴史秘話ヒストリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人の中にいちばん居心地のいい形で芽生えて、自然の中で修業するということを大変に大事にする、そういう宗教なんです | トップページ | いわゆる禅寺の石庭みたいなところでも、江戸時代の大名庭園みたいなことろでも、基本的には自然石ですよね »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ