カテゴリー

最近のコメント

« こっちが勝手にやりたいことのためにやらせているというエゴだと思うので、そこを常に考えている | トップページ | 毎年3月、春の訪れを前に、東大寺で行われる儀式、修二会。大仏開眼の年から一度も中断されることなく続けられています »

大きな大きな炉をひとつつくって、その炉から流せばいいんじゃないかというようなもんですけど

2010年3月31日放送 NHK BS1 45日間奈良時代一周 大仏 パート2 造立

鋳物師 小泉武寛さん

大きな大きな炉をひとつつくって、その炉から流せばいいんじゃないかというようなもんですけど、そんな大きな炉にしてしまえば、温度管理も大変ですよ。そやけども、雨の対策ができないですよ。だから、できるだけ濡らさないように、水蒸気が爆発の原因になりますのでね。

« こっちが勝手にやりたいことのためにやらせているというエゴだと思うので、そこを常に考えている | トップページ | 毎年3月、春の訪れを前に、東大寺で行われる儀式、修二会。大仏開眼の年から一度も中断されることなく続けられています »

ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こっちが勝手にやりたいことのためにやらせているというエゴだと思うので、そこを常に考えている | トップページ | 毎年3月、春の訪れを前に、東大寺で行われる儀式、修二会。大仏開眼の年から一度も中断されることなく続けられています »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ