カテゴリー

最近のコメント

« 自分が気付いたことを次の世代にバトンタッチするためです。みんなは、いろんな方はバカだねとか言われるんですよ | トップページ | ただ今までなかった市場なだけに、競争相手もいませんので、大きなフロンティアが広がっているんだろうと »

まだ予断は許されないながら米国の4つのGの改善に向けた動きが欧州の財政問題に加えまして、今後の株式市場の大きな材料になるというふうに考えられます

2010年5月14日放送 テレビ東京 Newsモーニングサテライト
 
三菱UFJセキュリティーズ 大宮弘幸さん

欧州の財政問題というマイナス材料と米国経済の順調な回復というプラスの材料の綱引きが続いています。ただし、アメリカにもいくつか課題があります。アメリカの課題を4つのGというキーワードで確認したいと思います。
まず最初の二つのGですが、GMは政府からの融資を前倒しで返済しまして、そのあと、消費者の好感度も上昇しています。高級車を中心に、自動車販売も回復していることから新会社の上場が現実味を帯びてくる可能性が高まっています。
そしてSECから訴追されましたゴールドマンです。ゴールドマンですが、議会での公聴会や株主総会などが終了しましたが、引き続き調査の動向が注目されます。
ガルフオブメキシコ、メキシコ湾とガソリンです。先月メキシコ湾で発生しました原油流出事故ですが、今でも流出の拡大は続いており、環境問題も深刻化しております。また、米国では深海油田の新規の掘削が凍結されるなど、今後の供給不足が懸念されています。実際、この事故が発生しました4月20日以降、原油先物価格は一時86ドル台まで上昇しました。ところが、そのあとギリシャの財政問題やそれに伴いますドル高の影響を受けまして、原油先物価格は急落しました。例年5月からはドライブシーズンが本格化しまして、ガソリン小売価格は上昇しがちです。しかしながら、今年は原油価格が下落しまして、ガソリン価格も今後やや下落することが予想されます。個人消費、自動車販売、そして企業業績など、様々な面でプラスの材料と言えます。まだ予断は許されないながら米国の4つのGの改善に向けた動きが欧州の財政問題に加えまして、今後の株式市場の大きな材料になるというふうに考えられます。

« 自分が気付いたことを次の世代にバトンタッチするためです。みんなは、いろんな方はバカだねとか言われるんですよ | トップページ | ただ今までなかった市場なだけに、競争相手もいませんので、大きなフロンティアが広がっているんだろうと »

Newsモーニングサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分が気付いたことを次の世代にバトンタッチするためです。みんなは、いろんな方はバカだねとか言われるんですよ | トップページ | ただ今までなかった市場なだけに、競争相手もいませんので、大きなフロンティアが広がっているんだろうと »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ