カテゴリー

最近のコメント

« サンダーランド、ヴィラ、ストークから7ゴールを奪ったことを思えば、記録更新の可能性は十分。特に、ホームでは圧倒的な得点力を誇っている今シーズン | トップページ | そういった立ち位置で1カ月先に目をやると、6月は意外に関所が多いということで、リスクを意識し始めていることだと思います »

ただポゼッションかけて、どんどん自分たちで攻撃して、バルサらしさを出していくんだというのが見られましたから

2010年5月4日放送 WOWOW リーガダイジェスト 第35節

解説:宮澤ミシェルさん
司会:川平慈英さん、竹内夕己美さん

ビジャレアル1-4バルセロナ
結果は完勝だったんですけれども、内容的にはちょっと難しいゲームになったかなと、バルサは。
先に大ピンチを何とか逃れていって、ただポゼッションかけて、どんどん自分たちで攻撃して、バルサらしさを出していくんだというのが見られましたから。横パスは縦パスを入れるためのものなんだというのを、横パス入れずに縦という点数になってしまいますけど、いろんな場面にこういうのが出てきて。
あのゲームのシャビがいなかったら、きつかったかもしれない。そのぐらい頑張っていましたよ。
気持ちが切り替わって、ほっとしたな。

レアル・マドリード3-2オサスナ
ヒヤヒヤでしたけれども、カカが入るとちょっと変わりますね、やっぱりね。2列目から出ていって、相手のライン崩されたんですけどね。ふたりのコンビネーションがいい、クリスチアーノと。外に膨らんだり、カカがいいところを埋めていくんです。
ロングスローからやられてな、最初は自分たちのミスからやられて、大事なゲームで不立ちミスが出ました。

« サンダーランド、ヴィラ、ストークから7ゴールを奪ったことを思えば、記録更新の可能性は十分。特に、ホームでは圧倒的な得点力を誇っている今シーズン | トップページ | そういった立ち位置で1カ月先に目をやると、6月は意外に関所が多いということで、リスクを意識し始めていることだと思います »

リーガダイジェスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンダーランド、ヴィラ、ストークから7ゴールを奪ったことを思えば、記録更新の可能性は十分。特に、ホームでは圧倒的な得点力を誇っている今シーズン | トップページ | そういった立ち位置で1カ月先に目をやると、6月は意外に関所が多いということで、リスクを意識し始めていることだと思います »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ