カテゴリー

最近のコメント

« 稽古場のイメージもたぶんあると思うんですよ、あれで一気に土俵を割るのが稽古場なんですよね | トップページ | 基本的に、今、焼き肉、ラーメン、お好み焼きの店員になりたいと思っている大学生は存在しないというのは、今も昔も変わらないですよね »

これまで韓国では文化政治への転換は結果的に武断統治と変わらないという低い評価でした。しかし、実際は大きな変化でした

2010年5月16日放送 NHK総合 NHKスペシャル

プロジェクトJAPAN シリーズ日本と朝鮮半島 
第2回 三・一独立運動と親日派

早稲田大学 台湾研究所 春山明哲 客員上席研究員
同一の待遇、つまり日本人と同じような待遇をしてほしいと対多数の朝鮮人が考えているというふうに原は認識して、同一の法律制度のもとで、日本人も内地人も植民地人も同一の権利義務関係に立つべきである。

上智大学 文学部 長田彰文 教授
朝鮮統治のやり方を一定程度変えることによって、第2の三・一運動が起きるのを防ぐ。武断統治に対して抱いた不満を和らげなければいけないというふうに。
日本の朝鮮統治にとって、脅威となりうるというか、脅威となる可能性のある人たちを180度変えさせることになれば、有力な人であればあるほど、その影響が一般の朝鮮の人たちにも及ぶのではないかと、そういうことも期待できるということですね。

ソウル大学 キム・ユンシク 名誉教授
実力養成の実力とは、軍事や経済、倫理など全てが含まれます。イ・グァンスは朝鮮民族が自覚して、経済を発展させ、すべての準備を整えてから独立しようと考えたのです。

クンミン大学 キム・ドンミョン 教授
三・一独立運動を起こしたのに、独立を勝ち取れなかったのはなぜかと考えました。そして、多くの人が朝鮮と日本では近代化の差が大きいと気付きました。独立のためには妥協してでも近代的な力を養うしかないと発想を転換させたのです。
これまで韓国では文化政治への転換は結果的に武断統治と変わらないという低い評価でした。しかし、実際は大きな変化でした。それほど三・一独立運動の衝撃は大きかったのです。
日本の力を借りてでも近代化を成し遂げようとした朝鮮人もいました。しかし、それは日本帝国主義の支配下で極めて限られた形であり、朝鮮人が近代化を成し遂げていくのは容易ではなかったのです。

« 稽古場のイメージもたぶんあると思うんですよ、あれで一気に土俵を割るのが稽古場なんですよね | トップページ | 基本的に、今、焼き肉、ラーメン、お好み焼きの店員になりたいと思っている大学生は存在しないというのは、今も昔も変わらないですよね »

NHKスペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稽古場のイメージもたぶんあると思うんですよ、あれで一気に土俵を割るのが稽古場なんですよね | トップページ | 基本的に、今、焼き肉、ラーメン、お好み焼きの店員になりたいと思っている大学生は存在しないというのは、今も昔も変わらないですよね »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ