カテゴリー

最近のコメント

« 生命とはなんとたくましいんだ。なんとはびこるもんなんだと思った | トップページ | 人間活動の見返りとして、きちっと救護していかなければいけないというのは、これは人間の義務だと思うんですよね »

不徳な考えを持つ朝鮮人もいなくなるであろうという、いろんな波及効果を狙ったと思います

2010年6月20日放送 NHK総合 NHKスペシャル

プロジェクトJAPAN シリーズ日本と朝鮮半島 
第3回 戦争に動員された人々 皇民化政策の時代

朝鮮史研究家 宮田節子さん

最終的には徴兵制の施行ということにあったと思うんですね。そのためには、今までの朝鮮では三・一運動以来、いろいろな独立運動が起こっているわけですね、大小。だから、絶えず三・一運動の意識がいつも残っているということがすごく南にとっては不安であったと。だからこそ、絶対に天皇のために、何の矛盾もなく喜んで死んでいける人間を作り上げるということが必要だったわけですね。そうすると、たとえ兵隊に取らなくても勤労農民としても一生懸命働くだろうし、そのほかもろもろのことで、ましてや独立運動を起こそうだなんて、南からすれば不徳な考えを持つ朝鮮人もいなくなるであろうという、いろんな波及効果を狙ったと思います。

« 生命とはなんとたくましいんだ。なんとはびこるもんなんだと思った | トップページ | 人間活動の見返りとして、きちっと救護していかなければいけないというのは、これは人間の義務だと思うんですよね »

NHKスペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生命とはなんとたくましいんだ。なんとはびこるもんなんだと思った | トップページ | 人間活動の見返りとして、きちっと救護していかなければいけないというのは、これは人間の義務だと思うんですよね »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ