カテゴリー

最近のコメント

« 株価については、今後一旦下に振られる場面だと考えています | トップページ | こども手当が出てきましたので、一段とファーストフード、ファミリーレストラン、回転ずしというのが、絶好調と言ってもいいぐらいの数字になってきているなというふうに見ています »

まさにプライドとコンプレックス、それが今の日本人に対中観、中国人の対日観という意味で、問題点は一致していると

2010年8月18日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

在中国コメンテーター 加藤嘉一さん

反日デモの次の日に、香港のフェニックステレビに出たんですけれども、反日デモが起きた原因、日本と中国、どっちにあるの?と言われて僕ハッとしたんですよね。日本だとはいえないですよね。すみませんとはいえないですよね。お前売国奴かと言われちゃいますからね。その一方で、中国だと言ってしまうと、もうその次の日に帰国だというね、話になりかねないですから、私はこれは外交問題であって、双方に責任があると。双方の政府、メディアも含めて、お互いに反省するところは反省して、お互いが相互理解を深めていきましょうよと、若干弁証法的な答えをしたら、それが評価されて、その次あたりから、いろんなメディアから引き出されるようになりましたね。
心臓が止まったという、一瞬のうちに深呼吸して、そのときに私が感じたのは、中国という得体のしれない巨人、異色の場所で何かを発していくことの難しさというのをあの瞬間に、しかも生中継でしたから、感じましたね。

僕は問題点は一致していると思うんですよね。例えば、日本はこれまで中国より発展していたと。ただ、最近中国に追い抜かれそうで、ちょっとプライドは傷つけられた、コンプレックスを感じるようになった。その一方で、中国人の対日観も我々は今までは日本よりもすごく貧しかったと。最近勢いがついてきたと。まだまだ押せ押せムードでいけると。プライドも出てきたと。その一方で、生活水準、社会保障、言論の自由とか、そういったところでは日本には遠く及ばないと。そういった中で、プライドが出てきた一方で、コンプレックスもある。まさにプライドとコンプレックス、それが今の日本人に対中観、中国人の対日観という意味で、問題点は一致していると。そういった中で、餃子事件とか、東シナ海の問題とか、突発的な事件が起きるとナショナルシチックに、感情的になってしまうと。まさに歴史上、日本と中国の国力、経済力も政治力もこれまでにないほど一致してきて、近づいてきた。そういった状況で、私たち、どういうふうに付き合っていったらいいですかと模索しているのが今なのかなというふうに思いますね。
僕の読みでは後10年ぐらい続くんではないですか。

« 株価については、今後一旦下に振られる場面だと考えています | トップページ | こども手当が出てきましたので、一段とファーストフード、ファミリーレストラン、回転ずしというのが、絶好調と言ってもいいぐらいの数字になってきているなというふうに見ています »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株価については、今後一旦下に振られる場面だと考えています | トップページ | こども手当が出てきましたので、一段とファーストフード、ファミリーレストラン、回転ずしというのが、絶好調と言ってもいいぐらいの数字になってきているなというふうに見ています »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ