カテゴリー

最近のコメント

« 日本の場合は、賃金が下落するなか、消費者物価指数も恒常的に下落という動きになっていますが、欧米ではそういうふうになりにくいというふうに指摘できると思いますが | トップページ | 水面下では、ポジションの調整、整理、依然として続いているという感じがしますよね »

農水省の戦後最大のヒット商品というのは自給率という単語ではないか

2010年9月2日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

農業技術通信社 浅川芳裕 専務

農水省の戦後最大のヒット商品というのは自給率という単語ではないか。
野菜にしても2兆数千億の市場ですね。いくら作っても、自給率でいえば、ほとんどゼロに近いですね。カロリーが農業の正味の実力というのをわかりずらくしていると。
ゆだねるということですね。ゆだねると、逆に言うと、農業者の自主独立につながると。繋がればつながるほど、逆に言うと、お客様志向の農業になってくると。

« 日本の場合は、賃金が下落するなか、消費者物価指数も恒常的に下落という動きになっていますが、欧米ではそういうふうになりにくいというふうに指摘できると思いますが | トップページ | 水面下では、ポジションの調整、整理、依然として続いているという感じがしますよね »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本の場合は、賃金が下落するなか、消費者物価指数も恒常的に下落という動きになっていますが、欧米ではそういうふうになりにくいというふうに指摘できると思いますが | トップページ | 水面下では、ポジションの調整、整理、依然として続いているという感じがしますよね »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ