カテゴリー

最近のコメント

« 金融緩和をいくらしても、アメリカを素通りして、新興国にお金が流れてしまうという問題もあり、財政赤字を増やさないで、景気刺激策としてメディアも大きく取り上げています | トップページ | 行政の人たちもなかなかそういう人たちをつないで、成年後見制度まで持っていくだけの力がない »

制度改正には必ず法律改正がいるんですよ。そういうことまでどこまで言えるかという問題があるんですね

2010年10月27日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

嘉悦大学 高橋洋一 教授

なるべく国がやらない方がいい。なるべく民営化するというのが原則です。埋蔵金があったら国民のため。埋蔵借金だったら廃止というのがわかりやすく、そういう基準で、やった方がいいと思いますよ。
正直言って、今の仕分けチームの法律的な位置づけが弱すぎますよ。要するに意見を言うだけで終わってしまう。それは意見を言うだけではだめなので、きちんとした法律上の意見を言って、強い意見にしていけばいいんですよね。制度改正には必ず法律改正がいるんですよ。そういうことまでどこまで言えるかという問題があるんですね。

« 金融緩和をいくらしても、アメリカを素通りして、新興国にお金が流れてしまうという問題もあり、財政赤字を増やさないで、景気刺激策としてメディアも大きく取り上げています | トップページ | 行政の人たちもなかなかそういう人たちをつないで、成年後見制度まで持っていくだけの力がない »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金融緩和をいくらしても、アメリカを素通りして、新興国にお金が流れてしまうという問題もあり、財政赤字を増やさないで、景気刺激策としてメディアも大きく取り上げています | トップページ | 行政の人たちもなかなかそういう人たちをつないで、成年後見制度まで持っていくだけの力がない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ