カテゴリー

最近のコメント

« マンチーニにとっては、冒険は地球外生物の言葉なのだろう。彼の戦術は、プレミアリーグをセリエAへと変えてしまった | トップページ | 札幌で8月14日、今からおよそ3か月前、そのデビュー戦、札幌2歳チャンプを抑えたその脚、伊達ではありませんでした »

香川の1点でもう完全に主導権を握って、差を出しましたよね。このワンチャンスを生かせる香川の力、大きいと思いますね

第12節 ドルトムント vs ハンブルガーSV
【解説】風間八宏さん 【実況】小穴浩司さん

その中でもなんといっても香川の得点ですよね。これでチームがぐっと前に出るようになって、ここから差を見ましたね。それまで攻めていてもなかなか決定打が生まれずに、ハンブルガーが比較的、もしかしたら盛り返してくるかなという戦いをしていましたけど、香川の1点でもう完全に主導権を握って、差を出しましたよね。このワンチャンスを生かせる香川の力、大きいと思いますね。
後半の立ち上がりの時間帯、両チーム、あそこはケアしよう、ここはちゃんと守っていこうと言った後で、敢えてゴールが生まれた。打ち崩すには十分な時間帯だったでしょうか。
香川が点を入れることで、彼らのプランがすべて狂う。そして、ドルトムントは自分たちのプランがより一層明確になる。そして2点目も生まれましたのでね。これも香川が起点になりましたのでね。そういう意味では、香川がドルトムントの中で人気がある、あるいはものすごくいい選手だと評価をされる、このへんわかりますね。
一番ゴールに近い二人が、お互いに点を取ってくれていると、チームがいかにうまく回っているか、逆に、この二人がいかにチームを回らせているか、これがよくわかりますね。いい状態ですね。

« マンチーニにとっては、冒険は地球外生物の言葉なのだろう。彼の戦術は、プレミアリーグをセリエAへと変えてしまった | トップページ | 札幌で8月14日、今からおよそ3か月前、そのデビュー戦、札幌2歳チャンプを抑えたその脚、伊達ではありませんでした »

ブンデスリーガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マンチーニにとっては、冒険は地球外生物の言葉なのだろう。彼の戦術は、プレミアリーグをセリエAへと変えてしまった | トップページ | 札幌で8月14日、今からおよそ3か月前、そのデビュー戦、札幌2歳チャンプを抑えたその脚、伊達ではありませんでした »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ