カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« なかなかこういう相撲じゃ、やはりもう一つ上は難しいかな | トップページ | ぬるい練習の中でいくら上手く出来ても、いくら技術が発揮できても、たぶんそうじゃない環境に行ったら、通用しない世界が来る »

なるべく距離というものは短く回りたいですしね、そこでロスなく内側で脚をためていれば、仕舞いは伸びるという自信はあったと思います

2010年11月21日放送 グリーンCH A1 NEWS STAGE

谷中公一さん

なるべく距離というものは短く回りたいですしね、そこでロスなく内側で脚をためていれば、仕舞いは伸びるという自信はあったと思います。岩田騎手もこの馬に関しては、いろんな癖だとか、いろんな状態を理解していたといいますので、それも結びついたと思うんですよ、すべてが。

« なかなかこういう相撲じゃ、やはりもう一つ上は難しいかな | トップページ | ぬるい練習の中でいくら上手く出来ても、いくら技術が発揮できても、たぶんそうじゃない環境に行ったら、通用しない世界が来る »

A1 NEWS STAGE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/50101937

この記事へのトラックバック一覧です: なるべく距離というものは短く回りたいですしね、そこでロスなく内側で脚をためていれば、仕舞いは伸びるという自信はあったと思います:

« なかなかこういう相撲じゃ、やはりもう一つ上は難しいかな | トップページ | ぬるい練習の中でいくら上手く出来ても、いくら技術が発揮できても、たぶんそうじゃない環境に行ったら、通用しない世界が来る »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ