カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 来年、アメリカの景気回復を読み込む局面ではバレル100ドルを超えてくると予想しておりまして、石油株は今後も堅調な動きが続くと思われます | トップページ | 日本全体で、何も普天間とか、海兵隊とかは沖縄を守るためだけにいるわけではありませんからね。こういう気持ちがあるんですよ、沖縄の中には »

差別化ができないということは、価格競争に入りやすい。コンビニ業界とか、弁当業界とか、こういったところの方から値段が崩れていくという構図が今後予想できますね

2010年11月29日放送 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

チキン人気の意外な理由に迫る
釣りガールの経済効果

外食事情に詳しいマーケティングコンサルタント 金森努さん
鶏肉はもともと利益率も高い肉ということが言えると思います。ですから、それをどんどん売りたいという売り手側の志向があります。
ブロイラーなんかでいうと、3か月出荷できます。餌を食べる量が少ない。これは短期間で出荷できるというのもありますけど、食べた量に対して、太るというか、肉になる割合も鶏肉は高い。関税率が牛肉なんかに比べて低いんですね。
牛丼の方でいうと、大きなプレイヤー3社があって、これが全部血みどろの戦いを始めてしまったんで、全体的に持つ入れ込んでいるというところなので、需要の方というのはヘルシー志向、それからボリューム感を求める層というのもあるので、需要は今、高まっているし、今後も高まっていくと思われますので、チキンメニューに関してはまだ大きな価格競争というところには突入してないです。
差別化ができないということは、価格競争に入りやすい。コンビニ業界とか、弁当業界とか、こういったところの方から値段が崩れていくという構図が今後予想できますね。

« 来年、アメリカの景気回復を読み込む局面ではバレル100ドルを超えてくると予想しておりまして、石油株は今後も堅調な動きが続くと思われます | トップページ | 日本全体で、何も普天間とか、海兵隊とかは沖縄を守るためだけにいるわけではありませんからね。こういう気持ちがあるんですよ、沖縄の中には »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/50174461

この記事へのトラックバック一覧です: 差別化ができないということは、価格競争に入りやすい。コンビニ業界とか、弁当業界とか、こういったところの方から値段が崩れていくという構図が今後予想できますね:

« 来年、アメリカの景気回復を読み込む局面ではバレル100ドルを超えてくると予想しておりまして、石油株は今後も堅調な動きが続くと思われます | トップページ | 日本全体で、何も普天間とか、海兵隊とかは沖縄を守るためだけにいるわけではありませんからね。こういう気持ちがあるんですよ、沖縄の中には »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ