カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« あまりオリジナルな研究ができないということで、それを突破していく、リミッターを切ることによって、初めてノーベル賞につながるみたいな、そういうところもあると思いますね | トップページ | 曲がり角ばかりのチームはこれをシーズンのターニングポイントにできるのか。今後の注目です »

アーセナル、シュチェスニーを使った、使わざるを得なかったのか、それとも大抜擢なのかわかりませんが、1失点。キーパーはしようがないですよね

10/11 プレミアリーグ 第17節-5  

マンチェスター・ユナイテッド
-Manchester United-
VS.
アーセナル
-Arsenal-

解説:川本治さん 実況:倉敷保雄さん
開催日:2010年12月13日(現地)
会場:オールド・トラッフォード, マンチェスター
 
ウェイン・ルーニー、今日はノーゴールでした。ちょっと決めそこなっちゃったのはありますけどね。
それは残念でしたけど、攻撃の軸にはなっていましたよね。
アーセナル、シュチェスニーを使った、使わざるを得なかったのか、それとも大抜擢なのかわかりませんが、1失点。キーパーはしようがないですよね。

ルーニーにしてみれば、何かを持っているアーセナル戦、点を取りたかったところなんですけどね。チームの勝利を優先して、いいんじゃないかなという気がしますけれども。パク・チソンがアジアンカップ、韓国代表メンバーで来年1月から7ゲームぐらいいないんじゃないかということになると、結構きつい。
ファイナルまで行った場合ですよね。アフリカの選手がいると、アフリカネイションズカップ。
他の大陸のカップ戦が何でこんな時期にと思うでしょうけどね。

ゴールは一つしかありませんでしたけど、非常に見ごたえのある試合だったなという気がしますね。レフェリングの素晴らしさですね。

« あまりオリジナルな研究ができないということで、それを突破していく、リミッターを切ることによって、初めてノーベル賞につながるみたいな、そういうところもあると思いますね | トップページ | 曲がり角ばかりのチームはこれをシーズンのターニングポイントにできるのか。今後の注目です »

10/11 プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/50300779

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、シュチェスニーを使った、使わざるを得なかったのか、それとも大抜擢なのかわかりませんが、1失点。キーパーはしようがないですよね:

« あまりオリジナルな研究ができないということで、それを突破していく、リミッターを切ることによって、初めてノーベル賞につながるみたいな、そういうところもあると思いますね | トップページ | 曲がり角ばかりのチームはこれをシーズンのターニングポイントにできるのか。今後の注目です »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ