カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 11番のルーラーシップ、キングカメハメハ、エアグルーヴの血統、良血馬、さあ,ここが快進撃への再スタートとなるかどうか、鳴尾記念快勝でした | トップページ | バーディバーディにマークされて、食い下がられましたが、それを最後の最後振り切って、追い込んできたグロリアスノアなどの追い込みも封じて、見事にトランセンド »

負けている試合があって、点は必ず取っているところは評価すべきところだと思うんですよね

10/11 プレミアリーグ 第16節-3
アーセナル
-Arsenal-
VS.
フルアム
-Fulham-

解説:永井洋一さん 実況:西岡明彦さん
開催日:2010年12月4日(現地)
会場:エミレーツ・スタジアム, ロンドン

ちょっと胸をなでおろした感じがありますね、このホイッスルは。
苦しみましたが、ナスリ2得点で2対1。
ちょっと17位の相手にしては苦しんだなという感は強いですね。ただ、連敗を断ち切って、結果はよかったと思います。

アーセナルの方は、勝つには勝ったんですけれども、まず気になるのはコシェルニーの負傷ですよね。それからファンペルシーが入ったんだけれども、ちょっと機能しなかったかなというところ。それからウォルコットもちょっと見せ場がなかったかなというところ、これがちょっと気になるところですね。勝ったにしては、よかったんだけれども、そういう気になる点がまだ残ったまま、そういう印象ですね。
今日に関しては交代選手があまり機能しなかったと。リーグカップではウォルコット、ファンペルシー、まずまずだったとヴェンゲル監督、評価はしていたんですけれども、リーグ戦、トップフォームでのコンディションを上げるにはもう少し時間がかかるかもしれない。
もちろんナスリの素晴らしい動きもありましたし、ウィルシャーも悪くなかったと思いますし、プラスの材料もあるんですけどね。ただ、ヨーロッパの戦いでも今回は上を目指したい。それからプレミアも上を目指したいと言っている。カーリングカップも今ベスト4ですね。そういう中で、久しぶりのタイトルを狙うということからすると、もう少しという感じですね。
フルハム、ちょっと元気ないですね。
ただ、粘り腰というんですか、今日も1点取りましたしね、期待は持てると思うんですけどね。

シュート数だけを見れば、互角に渡り合っているということですよね、フラムは。それなりに引けは取っていないと思いますね。
それにもかかわらず、引き分けが9試合と多くて、僅か2勝と結果が出ていない。
もう何かのきっかけでしょうね。粘り強さというのはいいものを持っていると思いますし、特に後半素晴らしいなと。負けている試合があって、点は必ず取っているところは評価すべきところだと思うんですよね。

« 11番のルーラーシップ、キングカメハメハ、エアグルーヴの血統、良血馬、さあ,ここが快進撃への再スタートとなるかどうか、鳴尾記念快勝でした | トップページ | バーディバーディにマークされて、食い下がられましたが、それを最後の最後振り切って、追い込んできたグロリアスノアなどの追い込みも封じて、見事にトランセンド »

10/11 プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/50219011

この記事へのトラックバック一覧です: 負けている試合があって、点は必ず取っているところは評価すべきところだと思うんですよね:

« 11番のルーラーシップ、キングカメハメハ、エアグルーヴの血統、良血馬、さあ,ここが快進撃への再スタートとなるかどうか、鳴尾記念快勝でした | トップページ | バーディバーディにマークされて、食い下がられましたが、それを最後の最後振り切って、追い込んできたグロリアスノアなどの追い込みも封じて、見事にトランセンド »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ