カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« 今シーズンは手堅いゲーム運び、テヴェスのカウンターからのゴールが主な得点源だったシティですけれども、それがジェコの加入で化学変化が生まれてきそうだと | トップページ | 今日は先行策を取った2番のフェイトフルウォーが内から抜け出し、外10番のデボネア、デボネアか、フェイトフルウォーか、2頭内外離れて並びました »

なんとなく今日は俺が最後なんだけど、ありがとうなという感じもあったと思いますけどね。最後グラント監督の表情変わりましたね

10/11 プレミアリーグ 第23節-3  

ウェストハム・ユナイテッド
-West Ham United-
VS.
アーセナル
-Arsenal-

解説:川本治さん 実況:倉敷保雄さん
開催日:2011年1月15日(現地)
会場:アップトンパーク(ブーリン・グラウンド), ロンドン
 
大きなブーイングが起こったアプトンパークであります。
アーセナルにとっては大事なゲームでしたからね。ウェストハムにとっては試合前のいろいろの情報が影響していたのかなという感じがしましたけどね。
帰ってくる選手たちを待ちうけるグラント監督。

一つのポイントは前半、コールのヘディング、あれがゴールになっていれば、また流れは変わったんだと思いますけどね。
セカンドハーフのハマーズ、非常に慎重にいったような気がしますが、慎重というのも言葉を変えれば、アタックに気持ちが向いていなかったような。
アプトンパークのファンの方は当然勝負はあるけれども、攻めてよという感じはあったんでしょうね。
ホームでの勝率の高さというのがハマーズの残留に絶対条件になってくるわけですよね。
そういうサッカーをすれば、おそらく今日、静かだったスタンドも後押しをしてくれたのかなという
感じもしますけどね。
最後のアブラム・グラント監督の別れのように思えたシーンはどんなように感じましたか。
なんとなく今日は俺が最後なんだけど、ありがとうなという感じもあったと思いますけどね。最後グラント監督の表情変わりましたね。

« 今シーズンは手堅いゲーム運び、テヴェスのカウンターからのゴールが主な得点源だったシティですけれども、それがジェコの加入で化学変化が生まれてきそうだと | トップページ | 今日は先行策を取った2番のフェイトフルウォーが内から抜け出し、外10番のデボネア、デボネアか、フェイトフルウォーか、2頭内外離れて並びました »

10/11 プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今シーズンは手堅いゲーム運び、テヴェスのカウンターからのゴールが主な得点源だったシティですけれども、それがジェコの加入で化学変化が生まれてきそうだと | トップページ | 今日は先行策を取った2番のフェイトフルウォーが内から抜け出し、外10番のデボネア、デボネアか、フェイトフルウォーか、2頭内外離れて並びました »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ