カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« リキサンマックスが脚色衰えず、逃げ粘る中、ただ1頭、次元の違う末脚は6番のトーセンラー、父ディープインパクトを彷彿とさせる素晴らしい末脚、見事にきさらぎ賞制覇 | トップページ | 観客動員とか、そのへんを考えてこれは仕方ないことだと思いますし、この試合だけで答えを出すのは酷ですけど、トーレスにするとほろ苦いデビューだったなという感じですね »

対するマンチェスターシティは前半テヴェスのハットトリック、1-0で2、3試合連続で勝ちたいと言っていたマンチーニ監督、きっちりとクリーンシート

10/11 プレミアリーグ 第26節-5  

マンチェスター・シティ
-Manchester City-
VS.
ウェストブロムウィッチ・アルビオン
-West Bromwich Albion-

解説:渡邉一平さん 実況:永田実さん
開催日:2011年2月5日(現地)
会場:シティ・オブ・マンチェスタースタジアム, マンチェスター

ウェストブロムも後半は若干盛り返した印象はあったんですけれども、ゴールは生まれなかった。このあたりはどのあたり一番原因がありますか?
攻め込まれた後のカウンターだったり、その組み立てのところで時間がかかってしまい、相手に引かれてしまう。長いボールを入れたとしても、オデムウィンギーが孤立する。中盤の押し上げ、本来である2列目の飛び出しというのが今日は見られませんでしたね。
対するマンチェスターシティは前半テヴェスのハットトリック、1-0で2、3試合連続で勝ちたいと言っていたマンチーニ監督、きっちりとクリーンシート、今シーズン12試合目、無失点で抑えたのも大きな収穫となった一戦でした。

« リキサンマックスが脚色衰えず、逃げ粘る中、ただ1頭、次元の違う末脚は6番のトーセンラー、父ディープインパクトを彷彿とさせる素晴らしい末脚、見事にきさらぎ賞制覇 | トップページ | 観客動員とか、そのへんを考えてこれは仕方ないことだと思いますし、この試合だけで答えを出すのは酷ですけど、トーレスにするとほろ苦いデビューだったなという感じですね »

10/11 プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リキサンマックスが脚色衰えず、逃げ粘る中、ただ1頭、次元の違う末脚は6番のトーセンラー、父ディープインパクトを彷彿とさせる素晴らしい末脚、見事にきさらぎ賞制覇 | トップページ | 観客動員とか、そのへんを考えてこれは仕方ないことだと思いますし、この試合だけで答えを出すのは酷ですけど、トーレスにするとほろ苦いデビューだったなという感じですね »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ