カテゴリー

最近のコメント

« やるだけのことはやりましたと、結果がそうならば仕方がないけれどもということで、やるだけのことをやった感というのが見えなかったという不満だと思いますよ | トップページ | 長期線が上昇に転じたということはやはり中長期的には強気シグナルがまだともっているというふうに見ていいのかもしれませんね »

その中でも岡崎の役割が非常に大きかった。彼の運動量、一人減ってもそれを補って余りある彼の活動量、素晴らしかったですね

2月28日(月)ブンデスリーガ中継10/11フランクフルト×シュツットガルト
 
解説:風間八宏さん
実況:青嶋達也さん

こういうゲームというのもあるんですね、本当に。
本当に勝ち点の取り合いだけ、そこに集中した両チームですから、そういう意味では先にミスを犯してしまったフランクフルト、大きかったですね。
あれだけ押していた、数的優位だったフランクフルトが結果的にちょっとしたミスが命取りになった、穴が大きく開いてしまって敗れたという、怖いものですね。
逆にシュツットガルトが最後まで集中が続いた、特にミスを逃さずに、そして最後まで本当に体を張って守り切りましたね。
ディフェンスもまだ危なっかしいところもあったんですが、とにもかくにも無得点。あと、岡崎、本当にブンレス2戦目頑張ったんではないでしょうか。
その中でも岡崎の役割が非常に大きかった。彼の運動量、一人減ってもそれを補って余りある彼の活動量、素晴らしかったですね。

« やるだけのことはやりましたと、結果がそうならば仕方がないけれどもということで、やるだけのことをやった感というのが見えなかったという不満だと思いますよ | トップページ | 長期線が上昇に転じたということはやはり中長期的には強気シグナルがまだともっているというふうに見ていいのかもしれませんね »

ブンデスリーガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やるだけのことはやりましたと、結果がそうならば仕方がないけれどもということで、やるだけのことをやった感というのが見えなかったという不満だと思いますよ | トップページ | 長期線が上昇に転じたということはやはり中長期的には強気シグナルがまだともっているというふうに見ていいのかもしれませんね »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ