カテゴリー

最近のコメント

« 金融機関の長期的なリスクは依然大きいものの、本業の収益が回復して配当を出すという本来の姿に近づいてきているという点をマーケットは好感しています | トップページ | チェルシー、調子がよくないだけに、堅い試合になったなというところで、アネルカの個人技で取れた分、試合を上手く運べたと »

市場が相当程度神経質な心理状態になっております。そういう意味では、そういった心理状態が解消するまでにはそれなりの時間がかかるんではないかと思っております

2011年2月22日(火)ワールドビジネスサテライト

石油天然ガス・金属鉱物資源機構 野神隆之 上席エコノミスト

リビアからの石油供給途絶懸念、さらにはリビアでの政情不安が中東湾岸産油国に波及するのではないかといった懸念、この二つの懸念といったようなもので、もっと原油相場が上昇していると。
バーレーンは一人当たりGDPがサウジよりも上であるというようなことがございますので、そういう意味では市場の懸念をバーレーン、ないしはエジプト、そういった国々での政情不安が発生する前に比べて、なおもう少し高めたと。
市場が相当程度神経質な心理状態になっております。そういう意味では、そういった心理状態が解消するまでにはそれなりの時間がかかるんではないかと思っております。原油相場が上がりやすくなるといったようなことにはなるかと思います。

« 金融機関の長期的なリスクは依然大きいものの、本業の収益が回復して配当を出すという本来の姿に近づいてきているという点をマーケットは好感しています | トップページ | チェルシー、調子がよくないだけに、堅い試合になったなというところで、アネルカの個人技で取れた分、試合を上手く運べたと »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金融機関の長期的なリスクは依然大きいものの、本業の収益が回復して配当を出すという本来の姿に近づいてきているという点をマーケットは好感しています | トップページ | チェルシー、調子がよくないだけに、堅い試合になったなというところで、アネルカの個人技で取れた分、試合を上手く運べたと »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ