カテゴリー

最近のコメント

« 去年の10-12月期は詳細が決まるまで設備投資を手控えていた企業もありましたが、いよいよここから設備投資が増えてきそうです | トップページ | やはり結婚の時に、ハーグ条約や相手国のことを知らせるような仕組み、そういったものも必要になってくるんではと思いました »

わいろやリベートみたいなのがあるんではないかといったような事案というのもないわけではないんです。非常に中国側、場合によっては嫌がるんですね、個々の案件であるという

2011年2月2日(水)ワールドビジネスサテライト
 
エンターブレイン 浜村弘一 社長
ゲーム機側はアイポッドタッチ側に向かうアプローチというのをするでしょうし、片やアイポッドタッチ側もゲーム機で作ったクリエーターの方のソフトを用意してくるでしょうから、お互いの客層を取りにいくことになるでしょうね。ユーザーが遊ぶ時間って、限られていますから、それをいかに取っていくかということによると競合してくると思うんですね。

東京大学 柴崎亮介 教授
衛星を使い、それを他の情報とつなげて、ある程度パッケージ化しておいて、いろいろな国に上手く合わせながら持っていける、そういうことがポイントになると思いますね。

経産省 模倣品対策室 三橋敏宏 室長
わいろやリベートみたいなのがあるんではないかといったような事案というのもないわけではないんです。非常に中国側、場合によっては嫌がるんですね、個々の案件であるという。どう見てもそうだなということは対応しなければいけなくなってきているというのも間違いないことかなと思います。

« 去年の10-12月期は詳細が決まるまで設備投資を手控えていた企業もありましたが、いよいよここから設備投資が増えてきそうです | トップページ | やはり結婚の時に、ハーグ条約や相手国のことを知らせるような仕組み、そういったものも必要になってくるんではと思いました »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 去年の10-12月期は詳細が決まるまで設備投資を手控えていた企業もありましたが、いよいよここから設備投資が増えてきそうです | トップページ | やはり結婚の時に、ハーグ条約や相手国のことを知らせるような仕組み、そういったものも必要になってくるんではと思いました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ