カテゴリー

最近のコメント

« ピーク時に比べると灯油の消費量は半分になっているんですが、我々が日頃感じることがあるかというと、実は感じない。そのような形で忍び寄ってくる問題だということです | トップページ | アンチェロッティ監督はお互いが共存できるプランを二人に話しているはずだ。このコンビニは明るい未来が約束されている。 »

とくにヨーロッパなんかは自国の産業が有利になるように、ある意味恣意的に規格を定めていくんですよね。日本が主導権を取って、世界をリードすると

2011年2月11日(金)ワールドビジネスサテライト

JOGMEC 石油開発支援本部 石井彰 特別顧問
ものすごく膨大な資源量があると。生産コストも在来型とほとんど変わらないというのがだんだんわかってきた。それでシェールガス革命と。
アメリカではシェールガスからどんどんガスが出てきちゃって、ガスの供給過剰になっています。その結果、ガスの値段が非常に下がってきて、今、石油価格のだいたい3分の1ぐらい。ただ今現在はアメリカだけなんですが、これがヨーロッパだとか、中国だとかに波及する兆しがどんどん出てきていますね。
長期の契約がだいたい15年から20年ぐらいですから、それが2014,5年ぐらいに結構切れてくるんですね、既存のものが。そのときにガスがまだジャブジャブしてて、値段が安いと買い手にとってはかなりいい影響があると思うんですね。工場にとってはコストが安くなりますから、円高になった分の埋め合わせができると。輸出競争力を保てると、そういうことになりますね。

NEDO生活支援ロボット実用化プロジェクト 比留川博久さん
長い間使っても壊れないと、かつ人に対しても危害を加えないと、そういうふうな安全性を調べています。
製品一歩手前の物まで出来ているんですよね。最後の心配が安全と。これで各社も少し安心してビジネスができると、そういう環境を整えたいと思っています。
とくにヨーロッパなんかは自国の産業が有利になるように、ある意味恣意的に規格を定めていくんですよね。日本が主導権を取って、世界をリードすると。産業も立ちあげてしまわないと、必ずしも楽観できる状況にはないと思いますね。

« ピーク時に比べると灯油の消費量は半分になっているんですが、我々が日頃感じることがあるかというと、実は感じない。そのような形で忍び寄ってくる問題だということです | トップページ | アンチェロッティ監督はお互いが共存できるプランを二人に話しているはずだ。このコンビニは明るい未来が約束されている。 »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピーク時に比べると灯油の消費量は半分になっているんですが、我々が日頃感じることがあるかというと、実は感じない。そのような形で忍び寄ってくる問題だということです | トップページ | アンチェロッティ監督はお互いが共存できるプランを二人に話しているはずだ。このコンビニは明るい未来が約束されている。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ