カテゴリー

最近のコメント

« 精一杯選手たちは仕事をしたと。ただ、自分たちのリズムの時にできれば1点を取りたかったというところが今日のゲームでしょうね | トップページ | いい時と悪い時の差があるというのが、ここに来て嫌な流れではありますけどね、けが人は戻ってきましたよね、だいぶ »

何度最後のシュートを増川、闘莉王、阿部、田中隼磨ともちろんありましたけれども、防いだでしょうか。最終的には20本に迫ろうかというシュートを放っていったFCソウル

2011年4月19日(火) AFCチャンピオンズリーグ2011 FCソウル×名古屋グランパス

ソウルワールドカップスタジアム

解説:川添孝一さん
実況:進藤潤耶さん(テレビ朝日アナウンサー)

試合を通して、名古屋らしさというのは4試合の中で毎回掴めているところはありますか?
先週の4-0、特に失点ゼロというのが大きかったんではないでしょうかね。今日の初スタメンの吉田、何と言ってもベテランの吉村、ホッとしたんじゃないでしょうかね。
現地のカメラは増川を映していましたけど、本当に体を張ってますね。
何度最後のシュートを増川、闘莉王、阿部、田中隼磨ともちろんありましたけれども、防いだでしょうか。最終的には20本に迫ろうかというシュートを放っていったFCソウル。
力を出させなかったグランパスの一人一人の戦いぶりというのは勝ち点3以上のものがあるんじゃないでしょうかね。

« 精一杯選手たちは仕事をしたと。ただ、自分たちのリズムの時にできれば1点を取りたかったというところが今日のゲームでしょうね | トップページ | いい時と悪い時の差があるというのが、ここに来て嫌な流れではありますけどね、けが人は戻ってきましたよね、だいぶ »

AFCチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 精一杯選手たちは仕事をしたと。ただ、自分たちのリズムの時にできれば1点を取りたかったというところが今日のゲームでしょうね | トップページ | いい時と悪い時の差があるというのが、ここに来て嫌な流れではありますけどね、けが人は戻ってきましたよね、だいぶ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ