カテゴリー

最近のコメント

« 注目点はいわゆる中核である投資銀行部門とカードサービス部門の収益の伸び、それから住宅ローンとクレジットカードローンの焦げ付きがどの程度減っているかというところだと思います | トップページ | 私で言うと、もしここを手伝ってくれと言えば、何年間、一緒に張り付いて協力をして素晴らしい町を作るために努力をしたいと思うんですね »

アメリカでも2基の原発を約5200億円で作り始めた。ところが今、1兆8000億円ぐらいになっているという形で、実が原子力発電所というのは全く投資、金融投資としても割に合わない

2011年4月11日(月)ワールドビジネスサテライト拡大版『日本復活の道~大震災から1カ月』
 
環境エネルギー政策研究所 飯田哲也 所長

安全性のリスクもあるんですが、それ以上に、投資回収できるのかというリスクがあって、安全基準がどんどん厳しくなってきているのに、それに対応していくとコストが上がらざるを得ない。アメリカでも2基の原発を約5200億円で作り始めた。ところが今、1兆8000億円ぐらいになっているという形で、実が原子力発電所というのは全く投資、金融投資としても割に合わない。
全国を横串にした送電会社というのをひとつ作れば、あとは全体としての効率的な、しかも自然エネルギーが飛躍的に普及できる。原子力とか石炭火力という巨大発電所というのは作るのに4年も8年もかかるんですね。今、復興経済を作ろうと思うと、足の速い、つまり極めて短期間に投資が行われるものがよくて、それには小規模分散型の自然エネルギーが最適であるというね。

« 注目点はいわゆる中核である投資銀行部門とカードサービス部門の収益の伸び、それから住宅ローンとクレジットカードローンの焦げ付きがどの程度減っているかというところだと思います | トップページ | 私で言うと、もしここを手伝ってくれと言えば、何年間、一緒に張り付いて協力をして素晴らしい町を作るために努力をしたいと思うんですね »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 注目点はいわゆる中核である投資銀行部門とカードサービス部門の収益の伸び、それから住宅ローンとクレジットカードローンの焦げ付きがどの程度減っているかというところだと思います | トップページ | 私で言うと、もしここを手伝ってくれと言えば、何年間、一緒に張り付いて協力をして素晴らしい町を作るために努力をしたいと思うんですね »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ