カテゴリー

最近のコメント

« アメリカのケース・シラー住宅指数ですが、ほぼ2番底をつけに行っている状態での規制強化ということで、この先また住宅市場の問題がクローズアップされてくる可能性があると思います | トップページ | 資金繰りのために、債券を売っている。その分、債券の比重が下がるので、合わせるような形で株を売らざるを得ないという、こういう売りが続いているんではないかという見方があるんですよね »

これから購入者側がお気になさるのは非常時の対策であり、そこをきちんと説明できるマンションディベロッパーさんでないとこれからは物件を売りにくくなるだろうと

2011年4月14日(木)ワールドビジネスサテライト
 
東京カンテイ 中山登志朗 上席主任研究員

不動産を選ぶという上で、地震の前と後では安全性に対する見方というのが劇的に変わるというふうに思いますね。これから購入者側がお気になさるのは非常時の対策であり、そこをきちんと説明できるマンションディベロッパーさんでないとこれからは物件を売りにくくなるだろうと。

« アメリカのケース・シラー住宅指数ですが、ほぼ2番底をつけに行っている状態での規制強化ということで、この先また住宅市場の問題がクローズアップされてくる可能性があると思います | トップページ | 資金繰りのために、債券を売っている。その分、債券の比重が下がるので、合わせるような形で株を売らざるを得ないという、こういう売りが続いているんではないかという見方があるんですよね »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカのケース・シラー住宅指数ですが、ほぼ2番底をつけに行っている状態での規制強化ということで、この先また住宅市場の問題がクローズアップされてくる可能性があると思います | トップページ | 資金繰りのために、債券を売っている。その分、債券の比重が下がるので、合わせるような形で株を売らざるを得ないという、こういう売りが続いているんではないかという見方があるんですよね »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ