カテゴリー

最近のコメント

« 市場環境としてシニアの方は厳しい業種に参入せざるを得ない | トップページ | 今日、プレーしていて気持ちよさそうでしたし、この一戦にかける意気込みとか、思いとかが非常に強かったのが分かるので、次戦以降、また期待したいですね »

後半の立ち上がりからガンバにとっては全くいいところがなく、後半を終えてしまったということで、もちろん選手たちは頑張っているんですけれども、早い手立てというのも必要だったゲームではないですかね

2011年4月5日(火)AFCチャンピオンズリーグ2011 済州ユナイテッド×ガンバ大阪

韓国・済州ワールドカップスタジアム

解説 松木安太郎さん
実況 吉野真治さん(テレビ朝日アナウンサー)

本当に寄せ切るぐらいの勢いでガンバいっていましたけれども、前半の最後のほうからだんだん動きの分では、運動量の面ではどうかなという部分がちょっと気にはなっていましたけどね。ただ、済州ユナイテッドの選手たちが孤立してプレーしている、攻撃面ではね、多かったというのが前半の印象ですよね。
前半だけをみれば、ガンバのいいところしか見つからないぐらいのいいゲームでしたよね。
自分たちのリズムで自分たちのつくりたい形を作って、そしてセットプレーでゴールというところがありましたね。そして、明神の中盤での捌きというのもいいリズムを作っていました。
この時間帯で追加点が奪えなかったガンバというのが残念ですね。そして、前半とは打って変わって、10番のシンヨンロクに対して、さらに9番のサントスのポジションが微妙に変わって、必ず顔を出せるようになってきましたよね。
ここで修正をガンバのディフェンスライン、中盤、できなかったというところが、この逆転のゴールシーンですよね。
宇佐美の突破なんですけれども、この選手を追い越していくような選手が見当たらないですよね。相当体力的にも消耗していたと。
後半の立ち上がりからガンバにとっては全くいいところがなく、後半を終えてしまったということで、もちろん選手たちは頑張っているんですけれども、早い手立てというのも必要だったゲームではないですかね。それだけガンバの前半というのは完璧に近いぐらいよかったゲームですよね、今日のゲームは。

« 市場環境としてシニアの方は厳しい業種に参入せざるを得ない | トップページ | 今日、プレーしていて気持ちよさそうでしたし、この一戦にかける意気込みとか、思いとかが非常に強かったのが分かるので、次戦以降、また期待したいですね »

AFCチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市場環境としてシニアの方は厳しい業種に参入せざるを得ない | トップページ | 今日、プレーしていて気持ちよさそうでしたし、この一戦にかける意気込みとか、思いとかが非常に強かったのが分かるので、次戦以降、また期待したいですね »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ