カテゴリー

最近のコメント

« 勝ち点3を取るために、プロらしいゲーム運びをしたなと。自分たちの時間帯とそうでない我慢する時間帯の使い分け。それから2点目を取った後のゲームの締め方ですよね | トップページ | バルセロナがバルセロナらしさを見せたのは前半の35分過ぎからの10分間ぐらいだけでしたね »

強引に行くのはいいんですが、4点差付いた中で、いかにパスワークで相手を崩して得点につなげるかという部分は今日のゲームではもうちょっと欲しかった

2011年5月3日(火) AFCチャンピオンズリーグ2011 アレマインドネシア×セレッソ大阪

会場 カジュルハンスタジアム

解説 松木安太郎さん
実況 田畑祐一さん(テレビ朝日アナウンサー)

立ち上がりはどうなのかなというシーンもあったんですけれども、前半23分ですか、ここまでシュートなかったですからね。むしろアレマインドネシアのほうがシュート数は多かったですからね。
パスがつながらないなか、そういう状況だったらドリブルでということで、乾の個人技です。
今日は特に得点に絡んだシーン、いいドリブルを見せましたよね。
もっと追加点、今日のゲーム振り返りますとね、取れたなという感じがしますよね。

何度も言いますけれども、アレマインドネシアのほうのディフェンスラインもそうですけど、監督さんもほとんど残り20分の時は諦めていましたからね。
ベンチの中のヤヌ監督の表情をみますと、頬杖状態で、ほとんど動きませんでしたからね。
ただ、セレッソのベンチサイドからももう1点という声はなかったのか、それともこの暑さの中で、移動が多いこの暑さの中で選手たちよく頑張ってくれているから、とりあえず4点取ったので、いいのかなという気持ちもあったのかもしれませんね。
最後のクルピ監督の横顔をみますと、もっととっておきたかったなというのがありありとね。ビッグチャンスだったなと。確かにホームではしぶとさを見せていたんですが、そんな中、今回はセレッソ大阪がかなり追いつめただけに、ビッグチャンスだっただけにもうちょっととっておきたかったなというところがありましたね。
今日のゲームのセレッソの一つ課題を言うなら、強引に行くのはいいんですが、4点差付いた中で、いかにパスワークで相手を崩して得点につなげるかという部分は今日のゲームではもうちょっと欲しかった。そこがあれば、今日のセレッソのゲーム、もうあと1点2点、もしかすると3点ぐらいは取っていてもおかしくないというゲームであったことは確かですね。

« 勝ち点3を取るために、プロらしいゲーム運びをしたなと。自分たちの時間帯とそうでない我慢する時間帯の使い分け。それから2点目を取った後のゲームの締め方ですよね | トップページ | バルセロナがバルセロナらしさを見せたのは前半の35分過ぎからの10分間ぐらいだけでしたね »

AFCチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ち点3を取るために、プロらしいゲーム運びをしたなと。自分たちの時間帯とそうでない我慢する時間帯の使い分け。それから2点目を取った後のゲームの締め方ですよね | トップページ | バルセロナがバルセロナらしさを見せたのは前半の35分過ぎからの10分間ぐらいだけでしたね »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ