カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« セントラルミッドフィルダーというチームのおへその部分、これをいじりすぎたかなという感じは私はしましたけどね | トップページ | ハマーズもエネルギーは次の試合に残しておこうみたいな感じも »

マキシのゴールが入っていなかったらという考え方もあるんでしょうけど、その後の展開をみるとニューカッスルに何ができたのかなというのがありますからね

10/11 プレミアリーグ 第35節-4  

リバプール
-Liverpool-
VS.
ニューカッスル・ユナイテッド
-Newcastle United-

解説:粕谷秀樹さん 実況:八塚浩さん
開催日:2011年5月1日(現地)
会場:アンフィールド, リバプール
 
ニューカッスルのほうの無策というところも指摘しなければいけないと思いますけれども、それでも前節に続く大量ゴールですから、アンフィールドでは絶対の強さというのが戻ってきたのかなという気がします。

マキシのゴールが入っていなかったらという考え方もあるんでしょうけど、その後の展開をみるとニューカッスルに何ができたのかなというのがありますからね。
今日は3対0ですし、展開が展開ですから、特に後半、それほどりクスを冒さなかったスペアリングですけれども、キック力があるのでもっとシュートを打ってほしいです。
決してニューカッスルが悪い後半の立ち上がりではなかったんですよね。
前半では静かだったけど、前半で温まって、後半エネルギー全開かなと思ったんですけどね。
後半は目が覚めたソアレスです。
いわゆるバイタルのところで簡単に前を向かせているところが駄目ですよね。コロッチーニ、カイトも見なきゃいけない、ソアレスも見なければいけないというポジションでしたから、周りのフォローが必要でしたよね。
ボール際の厳しさが全体的になかったかな。

« セントラルミッドフィルダーというチームのおへその部分、これをいじりすぎたかなという感じは私はしましたけどね | トップページ | ハマーズもエネルギーは次の試合に残しておこうみたいな感じも »

10/11 プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/51558808

この記事へのトラックバック一覧です: マキシのゴールが入っていなかったらという考え方もあるんでしょうけど、その後の展開をみるとニューカッスルに何ができたのかなというのがありますからね:

« セントラルミッドフィルダーというチームのおへその部分、これをいじりすぎたかなという感じは私はしましたけどね | トップページ | ハマーズもエネルギーは次の試合に残しておこうみたいな感じも »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ