カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« ディフェンシブ色が強く、かつウェイトが相対的に大きな銘柄が今後も堅調に推移することにより、景気敏感株が弱含んでいても、ダウは意外にも底堅い推移を継続するのではないかと考えています | トップページ | 英語を教えなければいけないというふうな強迫観念から先生たちが一生懸命英語を教えこんでしまう »

新しいサービスをどんどん追加していく時には、当然システムの増強なり、何か見直しなりを図っていかなければ本来いけないんですけれども、そこが若干手薄になってしまった

2011年5月23日(月)ワールドビジネスサテライト

雑誌 日経コンピュータ 大和田尚孝 副編集長

みずほ銀行も20年以上も前に稼働させたシステムを今もずっと使い続けています。そうすると、20年以上前というと、ATMの24時間稼働もないですし、インターネットバンキングもないですし、携帯での振り込みももちろんありませんでした。そういう中で、新しいサービスをどんどん追加していく時には、当然システムの増強なり、何か見直しなりを図っていかなければ本来いけないんですけれども、そこが若干手薄になってしまった。
どうしても専門的な分野ですので、システムのことは分からないので、システム担当の役員ですとか、担当者に任せるという、そういう経営トップがまだ少なくないと。任せきりにするのではなく、一緒になって、どんな問題が起きているのか、何をしなければいけないのか、どのくらいそれにお金をかけるべきなのかということをチームワークを取りながら進めていく必要があると思います。

« ディフェンシブ色が強く、かつウェイトが相対的に大きな銘柄が今後も堅調に推移することにより、景気敏感株が弱含んでいても、ダウは意外にも底堅い推移を継続するのではないかと考えています | トップページ | 英語を教えなければいけないというふうな強迫観念から先生たちが一生懸命英語を教えこんでしまう »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ディフェンシブ色が強く、かつウェイトが相対的に大きな銘柄が今後も堅調に推移することにより、景気敏感株が弱含んでいても、ダウは意外にも底堅い推移を継続するのではないかと考えています | トップページ | 英語を教えなければいけないというふうな強迫観念から先生たちが一生懸命英語を教えこんでしまう »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ