カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

« マクロ面の不安材料が解消されればS&P500が秋から冬にかけて2007年10月に記録した史上最高値に接近する場面もありそうですが、そうでなければ割安感を含んだまま足踏みをしてしまうんではないかと考えています | トップページ | 事故から4カ月たった今からでも国や自治体、それに専門家が結集して放射線物質の汚染の対策で見過ごされているものがないのか、徹底的に洗い出して対策に結び付けてもらいたいと思います »

戦略そのものに対しては見直しはないと思います。しかし、今回はおそらく海外攻勢にかけるスピードは減速せざるを得ないと思います

2011年7月25日(月) ワールドビジネスサテライト

中国経済に詳しいファンネックス・アセット・マネジメント 肖敏捷 社長

リーマンショック以降、中国経済の牽引車は文字通り鉄道が中国経済のメインの牽引車だったんですね。鉄道そのものの公共事業プラス不動産開発ですね、これが過去2年間の、あるいは足元の大きな牽引車。
今回の事故、尊い人命も30数名のなくなられたことで、おそらく中国政府も決意して、高速鉄道ブームを思い切って引き締めるようなことをする。成長率至上主義を見直して、これがおそらく政府としては意図的に減速させる。
戦略そのものに対しては見直しはないと思います。しかし、今回はおそらく海外攻勢にかけるスピードは減速せざるを得ないと思います。

« マクロ面の不安材料が解消されればS&P500が秋から冬にかけて2007年10月に記録した史上最高値に接近する場面もありそうですが、そうでなければ割安感を含んだまま足踏みをしてしまうんではないかと考えています | トップページ | 事故から4カ月たった今からでも国や自治体、それに専門家が結集して放射線物質の汚染の対策で見過ごされているものがないのか、徹底的に洗い出して対策に結び付けてもらいたいと思います »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190810/52315178

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略そのものに対しては見直しはないと思います。しかし、今回はおそらく海外攻勢にかけるスピードは減速せざるを得ないと思います:

« マクロ面の不安材料が解消されればS&P500が秋から冬にかけて2007年10月に記録した史上最高値に接近する場面もありそうですが、そうでなければ割安感を含んだまま足踏みをしてしまうんではないかと考えています | トップページ | 事故から4カ月たった今からでも国や自治体、それに専門家が結集して放射線物質の汚染の対策で見過ごされているものがないのか、徹底的に洗い出して対策に結び付けてもらいたいと思います »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ