カテゴリー

最近のコメント

« マニュアル通りに動けばそれでもすべて安全だと、他人任せにするんではなくて、自分で考える大人、動く大人、そして将来の大人になる子どもたちにも同じような防災教育を日本中できちんとやっていかなければならない、そういうふうに思いました | トップページ | 戦略的には妥当な線で、チェルシーは攻撃的にいって、勝ちを目指しに、レバークーゼンのほうは自分たちの力がわかりながら、アウェイですから引き分けで良しとするような戦い、選手交代というふうに思います »

90分、いろんな展開がありましたけれども、最終的にはセレッソのずっと自分たちのリズムで戦えたという部分では良かったですね

9月14日(水) AFCチャンピオンズリーグ2011 C大阪 vs 全北(19:30KICK OFF/長居)

解説:松木安太郎さん 実況:吉野真治さん

しびれるようなゲームでしたね。
派手なゲームでしたね。両チームの良さが出たゲームでもありますし、ベンチワークの部分でも、先に動いた全北現代のほうがセレッソを助けたといいますか。ただ、セレッソの選手たちは最後まであきらめずに、特に清武、いいところで取りましたね。
見ごたえ十分なゲームでしたね。日本代表清武、今最も勢いがありますかね。
清武選手がゴールをする。例えば、播戸選手が入ってくる。チームがそれでギュッと締まっていくような、そんなゲームでしたね。90分、いろんな展開がありましたけれども、最終的にはセレッソのずっと自分たちのリズムで戦えたという部分では良かったですね。
Kリーグで14試合負けがなかった全北、その全北に勝ちましたセレッソ大阪。勝負強さが清武、光りましたね。
セットプレーも2番の扇原も含めて、すごくいいコンビネーションで、彼のゴールを演出したという、チームとしての総合力出ましたね。
これでセレッソ大阪は清武がゴールを決めて9勝4分け、負けていないという形になります。

« マニュアル通りに動けばそれでもすべて安全だと、他人任せにするんではなくて、自分で考える大人、動く大人、そして将来の大人になる子どもたちにも同じような防災教育を日本中できちんとやっていかなければならない、そういうふうに思いました | トップページ | 戦略的には妥当な線で、チェルシーは攻撃的にいって、勝ちを目指しに、レバークーゼンのほうは自分たちの力がわかりながら、アウェイですから引き分けで良しとするような戦い、選手交代というふうに思います »

AFCチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マニュアル通りに動けばそれでもすべて安全だと、他人任せにするんではなくて、自分で考える大人、動く大人、そして将来の大人になる子どもたちにも同じような防災教育を日本中できちんとやっていかなければならない、そういうふうに思いました | トップページ | 戦略的には妥当な線で、チェルシーは攻撃的にいって、勝ちを目指しに、レバークーゼンのほうは自分たちの力がわかりながら、アウェイですから引き分けで良しとするような戦い、選手交代というふうに思います »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ