カテゴリー

最近のコメント

« 長短利回りスプレッドの縮小が継続しますことで、純利益に4億ドル程度のマイナス要因となるとしています。また、デビットカードの手数料規制が影響を受けまして、こちらも10億ドル程度の圧迫要因となるとしております | トップページ | 一番重要なのは自分の住んでいるところ、仕事をしているところがどういう災害の危険性があるところかということを理解しておく、これが一番重要で、かつすべてのスタートラインになると思います »

確かに輸出企業が円高の影響を受けると主張しているのは理解できます。しかし、現在の為替レートは物価水準などを考慮しても不自然なものではありません

2011年10月13日(木)ワールドビジネスサテライト

IMF アジア太平洋局長 アヌープ・シンさん

最近の円高は日本が安全な避難場所というステータスを得ているから起きているのであり、日本にリスク回避の資金が向かっています。そのようなステータスを得ている国の通貨が高くなるのは必然です。
確かに輸出企業が円高の影響を受けると主張しているのは理解できます。しかし、現在の為替レートは物価水準などを考慮しても不自然なものではありません。向こう1年間で日本経済は回復すると確信しています。

« 長短利回りスプレッドの縮小が継続しますことで、純利益に4億ドル程度のマイナス要因となるとしています。また、デビットカードの手数料規制が影響を受けまして、こちらも10億ドル程度の圧迫要因となるとしております | トップページ | 一番重要なのは自分の住んでいるところ、仕事をしているところがどういう災害の危険性があるところかということを理解しておく、これが一番重要で、かつすべてのスタートラインになると思います »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長短利回りスプレッドの縮小が継続しますことで、純利益に4億ドル程度のマイナス要因となるとしています。また、デビットカードの手数料規制が影響を受けまして、こちらも10億ドル程度の圧迫要因となるとしております | トップページ | 一番重要なのは自分の住んでいるところ、仕事をしているところがどういう災害の危険性があるところかということを理解しておく、これが一番重要で、かつすべてのスタートラインになると思います »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ