カテゴリー

最近のコメント

« 11月3,4のG20サミットに向けて、どうも中国政府というのは金融政策引き締めのグリップを緩めてくる、そういうことが今後飛び出してくる可能性が高いんではないかと | トップページ | 明日のスペインのスポーツ紙、報道関係は最後のオフサイドかどうかというのを大々的にやるでしょうね。ビジャレアルはもったいないことをしましたね。残り数秒ですからね »

最近は日本株を売っているときというのはお金が出ているんです。自分たちのファンドから資金が出るんでということで、嫌々日本株を売っている人も

2011年10月19日(水)Mプラス Express

芳賀沼千里さん(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)

最近、海外の投資家の日本株に対する姿勢、今までと位置づけが変わっているんです。昔はお金が入っているときにも日本株を売っていた。つまり日本に問題があるから売る。例えば、業績が悪化するとか、金融システムの悪化。最近は日本株を売っているときというのはお金が出ているんです。自分たちのファンドから資金が出るんでということで、嫌々日本株を売っている人も。そこの流れをどうつかむか。さらにこういった形で売られている銘柄、実はいい銘柄も売らざるを得ないんで、そうしたところは今チャンスになっている、そんな目を持っていただくことが必要ではないかなと思っています。

TOTOが自己発電型の水栓を初めて発売したのは10年前、今年はこれまでシンクの下に収められていった発電ユニットを水栓と一体化したタイプも発売。震災後はさらに注目が高まっています。
日立産機システムの習志野工場。ここでは水道管の中の水の流れを利用した発電システムを開発。工場内で活用しています。

« 11月3,4のG20サミットに向けて、どうも中国政府というのは金融政策引き締めのグリップを緩めてくる、そういうことが今後飛び出してくる可能性が高いんではないかと | トップページ | 明日のスペインのスポーツ紙、報道関係は最後のオフサイドかどうかというのを大々的にやるでしょうね。ビジャレアルはもったいないことをしましたね。残り数秒ですからね »

Mプラス Express_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月3,4のG20サミットに向けて、どうも中国政府というのは金融政策引き締めのグリップを緩めてくる、そういうことが今後飛び出してくる可能性が高いんではないかと | トップページ | 明日のスペインのスポーツ紙、報道関係は最後のオフサイドかどうかというのを大々的にやるでしょうね。ビジャレアルはもったいないことをしましたね。残り数秒ですからね »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ