カテゴリー

最近のコメント

« 常識的なところをいかに枠組みを外して、できないかもしれない予感、怯えというか、どうしても先読みして先を占ってしまう気持ちをいかにぱっとなくすか | トップページ | 千秋楽、開放感があるかと言ったら、何かまだ出来ていないんじゃないかみたいな感じで終わるみたいなので、本当、残尿感の残る仕事ですよね。ずっと »

重ねたキャリアがものをいったか、末脚炸裂7番レオアクティブ。先頭に躍り出たサドンストーム、オリービンの赤い帽子2頭をまとめて豪快に差し切りました

2011年11月12日 5回東京3日 11R 15:30発走

第47回京王杯2歳ステークス(GII)
2歳オープン (国際)(指定)(馬齢)

芝:1400m 曇/芝:良
実況:中野雷太さん

キャリアを重ねたレオアクティブ、ここで末脚炸裂、一気に2歳王者へ7番レオアクティブ、頭角を現しました。重ねたキャリアがものをいったか、末脚炸裂7番レオアクティブ。先頭に躍り出たサドンストーム、オリービンの赤い帽子2頭をまとめて豪快に差し切りました。そのあとにモンストール、今日は伸びを欠いて敗れています。内を狙って追い込んだ2番コスモアンドロメダとそのあとで4,5着争い。勝ち時計は1分22秒1、ゴールまでの800メートル46秒8、600メートルは34秒6でした。最後方、後方から2番手、後方で脚を溜めたレオアクティブがこの長い直線弾けました。横山典弘騎手の手綱。その末脚に磨きがかかって成長を遂げてこの京王杯2歳ステークスを制したのは7番レオアクティブでした。

« 常識的なところをいかに枠組みを外して、できないかもしれない予感、怯えというか、どうしても先読みして先を占ってしまう気持ちをいかにぱっとなくすか | トップページ | 千秋楽、開放感があるかと言ったら、何かまだ出来ていないんじゃないかみたいな感じで終わるみたいなので、本当、残尿感の残る仕事ですよね。ずっと »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 常識的なところをいかに枠組みを外して、できないかもしれない予感、怯えというか、どうしても先読みして先を占ってしまう気持ちをいかにぱっとなくすか | トップページ | 千秋楽、開放感があるかと言ったら、何かまだ出来ていないんじゃないかみたいな感じで終わるみたいなので、本当、残尿感の残る仕事ですよね。ずっと »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ