カテゴリー

最近のコメント

« 内需ディフェンシブと景気敏感の相対指数なんですが、10月5日をピークに徐々に景気敏感優位の動きになってきていまして、そういう意味ではその流れに移行しつつあります | トップページ | 欧州市場、あるいは欧州企業が席巻している市場を攻め込むためにディーゼルのバリエーションを増やすという戦略はこれからも出てくるかもしれません »

従来あったエンジンに電気自動車が置き換わってしまうようないい方がされていますが、実はバッテリーの電気自動車だと難しいんですね。従来のエンジンが担当していたところは水素燃料電池で置き換えて、ゼロエミッションとする

2011年12月1日(木)Mプラス Express

清水和夫氏(モータージャーナリスト)

重要なメッセージはゼロエミッションと呼ばれるものなんですけれども、テールパイプから有害なCO2を出さない、そういう意味で電気自動車が非常にわかりやすいんですけれども、従来あったエンジンに電気自動車が置き換わってしまうようないい方がされていますが、実はバッテリーの電気自動車だと難しいんですね。従来のエンジンが担当していたところは水素燃料電池で置き換えて、ゼロエミッションとする。電気自動車は近距離でなるべく小さく動く、街中のコミューターカー的に使うのが一番適しているんだろうと。重い車で長距離走る車は今はディゼルエンジンが得意なんですけれども、ここら辺を燃料電池に置き換えると、全部ゼロエミッションに置き換わりますから、50年かかるか100年かかるかわかりませんけど、それがある一つの理想形ですね。プロセスの段階ではいろいろなものが出てきて、それぞれが燃費を上げながら、多様化していくという段階でしょうね。

« 内需ディフェンシブと景気敏感の相対指数なんですが、10月5日をピークに徐々に景気敏感優位の動きになってきていまして、そういう意味ではその流れに移行しつつあります | トップページ | 欧州市場、あるいは欧州企業が席巻している市場を攻め込むためにディーゼルのバリエーションを増やすという戦略はこれからも出てくるかもしれません »

Mプラス Express_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内需ディフェンシブと景気敏感の相対指数なんですが、10月5日をピークに徐々に景気敏感優位の動きになってきていまして、そういう意味ではその流れに移行しつつあります | トップページ | 欧州市場、あるいは欧州企業が席巻している市場を攻め込むためにディーゼルのバリエーションを増やすという戦略はこれからも出てくるかもしれません »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ