カテゴリー

最近のコメント

« 株式が下落しても日本の家計は海外と違いまして、家計に占める株式の割合は7%ぐらいですので、そういう意味では3月に買う余裕は十分にあるんではないかなと思いますね | トップページ | フェデックスやUPSは景気敏感と言われてきましたが、業績が以前ほど景気の動向に大きく左右されなくなるために、株価パフォーマンスが他の景気敏感株を上回る業態になるのではないかと考えています »

貿易収支が一方向に黒字が増えているわけではないということですので、中国も元高をどんどん進めればいいという状況ではないということになっています

2011年12月20日(火)Mプラス Express

山本雅文さん(バークレイズ銀行)

人民元といいますと、これまで一方向に元高方向とみる向きが多かったと思うんですけれども、足元中国の景気減速ですとか、そういったことを受けまして、元も安くなるんではないかという期待も出てきています。そういった意味で市場の期待も変化してきているということもありまして。もうひとつ中国の要因をみてみますと、貿易収支が一方向に黒字が増えているわけではないということですので、中国も元高をどんどん進めればいいという状況ではないということになっています。ということを受けまして、中国は一応元高方向なんですけれども、変動幅を拡大していく。現在のプラスマイナス0.5%からプラスマイナス1%に拡大する可能性が出てくるとみています。

« 株式が下落しても日本の家計は海外と違いまして、家計に占める株式の割合は7%ぐらいですので、そういう意味では3月に買う余裕は十分にあるんではないかなと思いますね | トップページ | フェデックスやUPSは景気敏感と言われてきましたが、業績が以前ほど景気の動向に大きく左右されなくなるために、株価パフォーマンスが他の景気敏感株を上回る業態になるのではないかと考えています »

Mプラス Express_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株式が下落しても日本の家計は海外と違いまして、家計に占める株式の割合は7%ぐらいですので、そういう意味では3月に買う余裕は十分にあるんではないかなと思いますね | トップページ | フェデックスやUPSは景気敏感と言われてきましたが、業績が以前ほど景気の動向に大きく左右されなくなるために、株価パフォーマンスが他の景気敏感株を上回る業態になるのではないかと考えています »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ