カテゴリー

最近のコメント

« 中国は経済援助も含めていろいろな手を使ってでも、いわゆるこういった局面ですね、私はたぶん落ち着かせると思いますので | トップページ | アメリカとの関係を改善しながら中国に依存して、ある意味では保護国になるようなぐらい中国に依存して、彼らの助けをもらって一定の時期、期間、生き残りをかける »

今回、私たちの取材から重要な冷却装置の仕組みを十分理解していなかった問題や緊急時に頼りにならない水位計を使ってきた問題が明らかになりました

2011年12月18日(日)NHKスペシャル シリーズ原発危機「メルトダウン~福島第一原発 あのとき何が」
 

根元良弘 取材デスク

福島第一原発の事故は震災との複合災害、複数の原子炉が同時に危機的状況に陥るという世界でも例のない深刻な事態でした。水素爆発が次々と起こる中、現場の当事者たちが事故の進展を食い止めようと最後まで対応に当たりました。しかし、経験もマニュアルもない中、困難な作業を強いられました。今回、私たちの取材から重要な冷却装置の仕組みを十分理解していなかった問題や緊急時に頼りにならない水位計を使ってきた問題が明らかになりました。こうした事前の備えの甘さが結果的に事故の拡大を防ぐチャンスを逃すことにつながりました。大量の放射性物質の放出によって、多くの住民が避難を強いられている結果の重大性を考えた時、困難だった、想定外だったでは決して済まされません。核エネルギーの持つ危険性への認識が欠けていたと言わざるをえません。今後、原発をどうしていくのか、今回の事故の徹底した検証なしにその議論はできないと考えます。

« 中国は経済援助も含めていろいろな手を使ってでも、いわゆるこういった局面ですね、私はたぶん落ち着かせると思いますので | トップページ | アメリカとの関係を改善しながら中国に依存して、ある意味では保護国になるようなぐらい中国に依存して、彼らの助けをもらって一定の時期、期間、生き残りをかける »

NHKスペシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国は経済援助も含めていろいろな手を使ってでも、いわゆるこういった局面ですね、私はたぶん落ち着かせると思いますので | トップページ | アメリカとの関係を改善しながら中国に依存して、ある意味では保護国になるようなぐらい中国に依存して、彼らの助けをもらって一定の時期、期間、生き残りをかける »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ