カテゴリー

最近のコメント

« もちろんブリーラムの方が情報があって、それ相応の対策をしてきたと思うんですけど、それにしてもこの敗戦、これだけの失点をするというイメージはしていなかったと思うんですけどね | トップページ | 今後も円安ドル高が続くとするならば、アメリカ株への投資は継続して魅力的であるということができます »

1回グランパスが逆転して、グランパスらしいいいサッカーが見えたんですけれども、そのへんが難しいところですね

AFCチャンピオンズリーグ2012 名古屋グランパス×城南一和(韓国)

解説:川添孝一さん 実況:堂野浩久さん(メ~テレアナウンサー)
会場瑞穂陸上競技場

2-2
グランパスとしては勝利が目の前にありました。
ワンプレーだったんですけど、あそこの競り合いの部分、なんとか自分たちのボールにしなければいけなかったですね。
最後のワンプレーで失点をしてしまいましたグランパス。試合内容を見ていきますと、城南が90分間ペースを握っていたと言えますか。
1回グランパスが逆転して、グランパスらしいいいサッカーが見えたんですけれども、そのへんが難しいところですね、リーグ戦の戦い方。ゲームの流れをどう読むのか。それにしてもあきらめないで最後まで来ましたね。

« もちろんブリーラムの方が情報があって、それ相応の対策をしてきたと思うんですけど、それにしてもこの敗戦、これだけの失点をするというイメージはしていなかったと思うんですけどね | トップページ | 今後も円安ドル高が続くとするならば、アメリカ株への投資は継続して魅力的であるということができます »

AFCチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もちろんブリーラムの方が情報があって、それ相応の対策をしてきたと思うんですけど、それにしてもこの敗戦、これだけの失点をするというイメージはしていなかったと思うんですけどね | トップページ | 今後も円安ドル高が続くとするならば、アメリカ株への投資は継続して魅力的であるということができます »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ