カテゴリー

最近のコメント

« ブレンダン・ロジャーズは週末の戦いをシーズン一番だったと手放しの評価。つまり勝ったシティ戦やアーセナル戦より上だったということです | トップページ | ガンバ大阪に何が起こってしまったのか。去年までのあの強かったガンバ、今日この一戦でもその姿を取り戻すことはできませんでした »

やられ方というのが縦一本のシンプル過ぎるボールを入れられていることに対してですよね

AFCチャンピオンズリーグ2012 FC東京×蔚山現代(韓国)
   

解説:堀池巧さん  実況:吉野真治さん(テレビ朝日アナウンサー)

会場:国立競技場

2-2
FC東京にとってはリードを奪いながらも、そのリードを守ることができないというような状況でした。
非常にもったいない試合だったなというね、感じはしますよね。1を奪ったと言うより2を失ったというね。それはFC東京の失点というのが縦一本のボールに対しての2失点でしたがら、もったいなかったなという感じはしますね。
常に先手を取り続けました今日のゲーム、ただ、勝ち切ることはできませんでしたFC東京。

ポポヴィッチ監督、非常に怒っていましたね。
やられ方というのが縦一本のシンプル過ぎるボールを入れられていることに対してですよね。
ポポヴィッチ監督も話しました、試合の主導権を握り続けたのはFC東京でしたね。ただ、蔚山も狙いすましたような縦のロングボールで、彼らの特徴を生かすような。ポポヴィッチ監督からすると、相手にプレゼントを与えてしまった試合だと。この悔しさと同時にあとは経験なんだという話はしていましたからね。この経験というのを次に生かしてほしいですね。

« ブレンダン・ロジャーズは週末の戦いをシーズン一番だったと手放しの評価。つまり勝ったシティ戦やアーセナル戦より上だったということです | トップページ | ガンバ大阪に何が起こってしまったのか。去年までのあの強かったガンバ、今日この一戦でもその姿を取り戻すことはできませんでした »

AFCチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブレンダン・ロジャーズは週末の戦いをシーズン一番だったと手放しの評価。つまり勝ったシティ戦やアーセナル戦より上だったということです | トップページ | ガンバ大阪に何が起こってしまったのか。去年までのあの強かったガンバ、今日この一戦でもその姿を取り戻すことはできませんでした »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ