カテゴリー

最近のコメント

« 結果的に日本に3000億円ほどの資金流出要因になるんではないかというような懸念 | トップページ | 企業やビジネス向けでは必ずアップグレードされるため、乗り換え先となるウィンドウズ7への期待も大きく、話題の8に加え、足元では7でも稼ぐことができるようになると思われます »

ディフェンスの強さ、1点を守る強さというのはグランパスより上でしたね

AFCチャンピオンズリーグ2012 決勝トーナメント1回戦
アデレード・ユナイテッド×名古屋グランパス
解説:松木安太郎さん 実況:寺川俊平さん(テレビ朝日アナウンサー)
会場:ハインドマーシュスタジアム
 
1-0
1点を追いかける中で、始まった後半。
いいチャンスも作れたんですけれども、やはり前半のいい時間でありながら、最初のコーナーキックで1点を取られてしまったと。ちょっとしたディフェンスのミスからの失点。グランパス、本当であれば1点は確実に取れるチームではあるんですけれども、そのへんの焦りも含めて残念でしたね。
前半の終了間際、マケインに奪われたゴール、そのゴールをいうのを守られました名古屋グランパス。今年のACL、ラウンド16で姿を消すということになりました。
ガレコヴィッチにやられましたね、今日はね。
再三アデレードのゴールキーパー、オーストラリア代表経験のあるガレコヴィッチに堅守、その守備力、その反応の速さというのを見せつけられた試合になりました。
 
相手のゴールキーパー、ガレコヴィッチにやられた感はあるんですけれども、ここまでの戦い方を見ても、このチームは少失点で来ましたので、そういった意味ではディフェンスの強さ、1点を守る強さというのはグランパスより上でしたね。
ガレコヴィッチ、ディフェンスラインの守備にことごとく阻まれたという印象がありました。
1点も取れないというのはグランパスにとって悔しいですよね。これだけの得点力のあるチームでもこれだけ苦しんだのかと。

« 結果的に日本に3000億円ほどの資金流出要因になるんではないかというような懸念 | トップページ | 企業やビジネス向けでは必ずアップグレードされるため、乗り換え先となるウィンドウズ7への期待も大きく、話題の8に加え、足元では7でも稼ぐことができるようになると思われます »

AFCチャンピオンズリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 結果的に日本に3000億円ほどの資金流出要因になるんではないかというような懸念 | トップページ | 企業やビジネス向けでは必ずアップグレードされるため、乗り換え先となるウィンドウズ7への期待も大きく、話題の8に加え、足元では7でも稼ぐことができるようになると思われます »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ