カテゴリー

最近のコメント

« 日本はアメリカの自由なルールは真似したけれども、アメリカがそれで漸く持っている規律の厳しさというのは真似してこなかったのではないか | トップページ | 大塚ホールディングスの時価総額がパナソニック、任天堂、東芝、新日鉄、ソニーよりも上にあるんですよね。固定概念というのを捨てないといけないと »

人減らしが喧伝されましたけれども、そういう意味でのリストラというのは進んでいないというのが現実です

2012年7月12日(木)Mプラス Express
 
航空経営研究所 稲垣秀夫さん
 
日本航空は今回2000億円の営業利益を出されて非常に頑張った。2年半で再上場とペースとしては極めて速いと思います。いい結果が残されたんだろうなと。精緻に経営の結果を分析しますと、例えば一人当たりの売上高は若干ですけれども減っていたり、これはある意味では、人減らしが喧伝されましたけれども、そういう意味でのリストラというのは進んでいないというのが現実です。オペレーションの中でどちらかというと効率的にやって来られたということが今回の決算なんですけれども、今後は環境の変化の中でどう生きていくかということをもっと積極的に上場後は株主さんに対してアピールしていくという必要がたぶんあるんだろうと思いますけれども。

« 日本はアメリカの自由なルールは真似したけれども、アメリカがそれで漸く持っている規律の厳しさというのは真似してこなかったのではないか | トップページ | 大塚ホールディングスの時価総額がパナソニック、任天堂、東芝、新日鉄、ソニーよりも上にあるんですよね。固定概念というのを捨てないといけないと »

Mプラス Express_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本はアメリカの自由なルールは真似したけれども、アメリカがそれで漸く持っている規律の厳しさというのは真似してこなかったのではないか | トップページ | 大塚ホールディングスの時価総額がパナソニック、任天堂、東芝、新日鉄、ソニーよりも上にあるんですよね。固定概念というのを捨てないといけないと »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ