カテゴリー

最近のコメント

« エヴァンズも特に空中戦に強いわけではないですから、今日のエヴァートン戦のプランを他のチームがおそらく対ユナイテッドで使ってくると思いますね | トップページ | この世代にも耳の痛い話をする出演者も必要ではないかと休日の朝、強く感じてしまった »

ここまで追い込まれるような事業内容ではなくて、きちんと黒字の事業もありますので、ここは会社側の判断の責任だというふうには言えると思いますね

2012年8月21日(火)Mプラス Express
 
メリルリンチ日本証券 片山栄一さん
 
再建案という内容にはとても見えないですね。特に複写機、エアコン、こういった利益が出ている事業を売却するという話が出ていること自体、再建というよりかは、会社を分解するようにしか見えないです。
昨年度で両方合わせて600億円近い営業利益が出ている健康・環境、情報機器、この二つから売却の候補が出ていると。これはどう考えても不自然ですよね。赤字事業を縮小させて、黒字事業で再生させるというのが本来の姿ですから、これはどちらかというと、再建策というよりかは銀行側が資金を回収するための案というふうにしか見えないです。
健康・環境、情報機器という利益の出ている二つの事業は絶対に残すべきだと思っております。ただ一方で、再建のためには資産の処分をしなければいけないのも事実です。魅力ある事業というのはあともうひとつあります。液晶の中の中小型液晶です。大型でホンハイと共同出資をやっているように、中小型液晶も共同出資で資産を圧縮するというのが現実的で、株主を意識した再建案だというふうに思っております。
結局、モノを作ること、販売することが必ずしも液晶の事業のすべてではないんですね。今でもシャープは世界で最大の液晶の特許の保有者です。その特許、技術を生かして、製造は他に任せることによって、液晶のシャープという看板は引き続き堅持できるというふうに思っております。
もう少し自分の得意な分野だけに特化するという形に素早く会社を変更させれば、十分に再建の道は見えてくるというふうに思っています。
残念ながらかなり遅すぎたというのは言えると思います。ここまで追い込まれるような事業内容ではなくて、きちんと黒字の事業もありますので、ここは会社側の判断の責任だというふうには言えると思いますね

« エヴァンズも特に空中戦に強いわけではないですから、今日のエヴァートン戦のプランを他のチームがおそらく対ユナイテッドで使ってくると思いますね | トップページ | この世代にも耳の痛い話をする出演者も必要ではないかと休日の朝、強く感じてしまった »

Mプラス Express_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エヴァンズも特に空中戦に強いわけではないですから、今日のエヴァートン戦のプランを他のチームがおそらく対ユナイテッドで使ってくると思いますね | トップページ | この世代にも耳の痛い話をする出演者も必要ではないかと休日の朝、強く感じてしまった »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ