カテゴリー

最近のコメント

« 尖閣諸島をめぐる日中の対立を受けて、一部ヘッジファンドが海運や電力などを売る動きが出始めている | トップページ | 破たん寸前にありながら、新たなカラーテレビを開発したソニーの創業者、盛田昭雄氏や井深大氏の経営戦略とは程遠いとしています »

シャープは非常にユニークで世界で通用する技術を液晶、太陽電池のデバイス関係、あと最終製品でもヘルシオ、アクオス、ザウルス、いっぱい持っています

2012年8月15日(水)ワールドビジネスサテライト
 
ドイツ証券 中根康夫 シニアアナリスト
 
シャープは今期来期と赤字が続くと判断しています。その赤字が会社側の今期2500億円を大きく上回る3240億円。短期的には資金繰りの問題ですね。資金をどうやってちゃんと手当てするのか、銀行の協力をとるつけるのか、というのが大きな課題です。
競争力のない工場というのは閉鎖したりしなければいけないこともあると思います。シャープは非常にユニークで世界で通用する技術を液晶、太陽電池のデバイス関係、あと最終製品でもヘルシオ、アクオス、ザウルス、いっぱい持っています。ホンファイの製造力と結びつけることができれば、生まれ変わることは十分にできると思っています。

« 尖閣諸島をめぐる日中の対立を受けて、一部ヘッジファンドが海運や電力などを売る動きが出始めている | トップページ | 破たん寸前にありながら、新たなカラーテレビを開発したソニーの創業者、盛田昭雄氏や井深大氏の経営戦略とは程遠いとしています »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尖閣諸島をめぐる日中の対立を受けて、一部ヘッジファンドが海運や電力などを売る動きが出始めている | トップページ | 破たん寸前にありながら、新たなカラーテレビを開発したソニーの創業者、盛田昭雄氏や井深大氏の経営戦略とは程遠いとしています »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ