カテゴリー

最近のコメント

« 銀行株の上昇が始まってくると個人投資家の評価損益率は一段と回復してくるのかなというところですね | トップページ | これは将来の投資家への返済が担保されにくくなることを示しており、中長期的なリスク要因として認識しておく必要がありそうです »

問題は2%で政府と日銀が協定を結んだということに仮になったとした時に、どうやったら2%になるかというプロセスについてはまだはっきりとしたものは見えていないわけですね

2012年12月18日(火)ワールドビジネスサテライト
 
クレディ・スイス証券 チーフ・マーケット・ストラテジスト 市川眞一さん
 
世の中に誤解があると思うんですけど、安倍総裁は消費税の税率引き上げに消極的だと言われていますけど、私はそうではなくて、むしろ消費税は2014年4月1日から上げなければいけない。ただ、上げるためには上げられるための環境整備をしなければいけない。そのためには大型補正も組んで財政も出す。その一方、日銀にも協力を求める。そういうスタンスだと思うんですね。ただ、問題は2%で政府と日銀が協定を結んだということに仮になったとした時に、どうやったら2%になるかというプロセスについてはまだはっきりとしたものは見えていないわけですね。日銀にも責任が重くのしかかるわけですけれども、政府にも責任が重くのしかかってくるわけですから、そういう意味では政府・日銀が一体となってどうやってそれを達成していくのかというプロセスを明確にしていく必要があるんではないかなと思いますね。

« 銀行株の上昇が始まってくると個人投資家の評価損益率は一段と回復してくるのかなというところですね | トップページ | これは将来の投資家への返済が担保されにくくなることを示しており、中長期的なリスク要因として認識しておく必要がありそうです »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀行株の上昇が始まってくると個人投資家の評価損益率は一段と回復してくるのかなというところですね | トップページ | これは将来の投資家への返済が担保されにくくなることを示しており、中長期的なリスク要因として認識しておく必要がありそうです »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ