カテゴリー

最近のコメント

« 準オープンから果敢な挑戦、ハンデは52キロ、高倉稜、カポーティスターをGⅡ日経新春杯の勝利へと導きました | トップページ | インテル自身、多額の研究開発を行っていますので、この税制優遇はインテルの利益にプラスになります »

リスクとしては、国の連邦の債務の上限、これが2月下旬にきますので、ここは波乱要因になる可能性を見ておく必要があると思います

2013年1月14日(月)ワールドビジネスサテライト
 
大和総研 チーフエコノミスト 熊谷亮丸さん
 
アメリカの自動車販売、今年はかなり好調だと思いますね。3つ理由があるんですが、まずひとつは家計の過剰債務問題、バランスシートの調整というのがこれがかなり終盤に入って、家計の状況がよくなってきている。二つ目は住宅の価格の調整がほぼ終わりましたので、自動車のような耐久財が売れやすくなってくると。3点目としてはFRB中央銀行がかなり大胆な金融緩和をしていますので、今後自動車販売はかなり好調であるとみています。ただ、リスクとしては、国の連邦の債務の上限、これが2月下旬にきますので、ここは波乱要因になる可能性を見ておく必要があると思います。

« 準オープンから果敢な挑戦、ハンデは52キロ、高倉稜、カポーティスターをGⅡ日経新春杯の勝利へと導きました | トップページ | インテル自身、多額の研究開発を行っていますので、この税制優遇はインテルの利益にプラスになります »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 準オープンから果敢な挑戦、ハンデは52キロ、高倉稜、カポーティスターをGⅡ日経新春杯の勝利へと導きました | トップページ | インテル自身、多額の研究開発を行っていますので、この税制優遇はインテルの利益にプラスになります »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ