カテゴリー

最近のコメント

« 前を行く人気馬が直線伸びない、失速する中、一気に坂を登って浮上したのは後方にいた各馬、6番フェイムゲーム突き抜けました | トップページ | アメリカも日本も今年に関してはファンダメンタルズ、相当マーケットは楽観的にみているということではないのかなと思いますね »

遅くとも3月までには、もしかしたらウォン安誘導に向けた次なるアクション、利下げだとか、ということが考えられるのではないかというふうにみています

2013年1月21日(月)Mプラス Express
 
第一生命経済研究所 西濱徹さん
 
株についてみると、大企業はさしてウォン高の影響は受けていないんですよね、業績面で見ると。ただし、輸出が伸びないと国内で生産が伸びない。それによって、雇用が悪くなるというようなところがありますので、特に中小企業、ここに打撃が出てくるということが考えられます。次の政権、大企業から中小企業の優遇というところに動いていますので、遅くとも3月までには、もしかしたらウォン安誘導に向けた次なるアクション、利下げだとか、ということが考えられるのではないかというふうにみています。
アジア内で通貨安競争というようなことが動くと、ただでさえ過剰流動性相場になっていますので、そういった中で、株だとか、不動産だとかいった資産、これのバブル的な状況を生み出す可能性があるんではないかというふうに考えています。

« 前を行く人気馬が直線伸びない、失速する中、一気に坂を登って浮上したのは後方にいた各馬、6番フェイムゲーム突き抜けました | トップページ | アメリカも日本も今年に関してはファンダメンタルズ、相当マーケットは楽観的にみているということではないのかなと思いますね »

Mプラス Express_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前を行く人気馬が直線伸びない、失速する中、一気に坂を登って浮上したのは後方にいた各馬、6番フェイムゲーム突き抜けました | トップページ | アメリカも日本も今年に関してはファンダメンタルズ、相当マーケットは楽観的にみているということではないのかなと思いますね »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ