カテゴリー

最近のコメント

« 本来の株式市場の姿と言いますか、通常の姿に今後は徐々に回帰していくという展開になってくるんではないのかなと思いますね | トップページ | 年末1.7%台前半だった米国債10年物の利回りは足元1.9%台まで反発し、債券価格は大きく下落しています »

日本の場合は主導権を持つアメリカがだるまさんが転んだといっているうちは円安の方に近づくことができる

2013年1月7日(月)ワールドビジネスサテライト
 
みずほ総合研究所 チーフエコノミスト 高田創さん
 
日本の場合は主導権を持つアメリカがだるまさんが転んだといっているうちは円安の方に近づくことができる、ドル高の方に近づくことができる。ただし、アメリカが振り向いてしまうと止まらざるを得なくなる。となると、アメリカがどこまで容認してくるか。アメリカが余裕を持ってくれば、許容する水準が上がってくるということになります。もうひとつは日米関係が良くなれば、アメリカも日本に対して余裕を持ってくるという部分があるので、今は日本側の要因とすれば、政権が代わって、親米的になった部分を捕えている部分も大きんではないかなと思いますね。

« 本来の株式市場の姿と言いますか、通常の姿に今後は徐々に回帰していくという展開になってくるんではないのかなと思いますね | トップページ | 年末1.7%台前半だった米国債10年物の利回りは足元1.9%台まで反発し、債券価格は大きく下落しています »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本来の株式市場の姿と言いますか、通常の姿に今後は徐々に回帰していくという展開になってくるんではないのかなと思いますね | トップページ | 年末1.7%台前半だった米国債10年物の利回りは足元1.9%台まで反発し、債券価格は大きく下落しています »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ