カテゴリー

最近のコメント

« FOMC、出口戦略、随分変わってきていますよね。2年債の金利、要注目と言っていいかと思いますね | トップページ | 少なくとも今年半ばまでは業績は冴えないものが続く可能性があるということを示しています »

政府が自ら支出の担い手になろうとするのではなくて、民間をどうやって支えるかと、ここにどんな知恵が出てくるかということがすごく注目ですね

2013年1月28日(月)ワールドビジネスサテライト
 
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査本部長 五十嵐敬喜さん
 
経済をちゃんと成長させないといけないという点では全くその通りだと思いますね。どうやって成長させるかということで3本の矢を放つという話なんですけれども、最初の2本よりは3本目の成長戦略というのが一番肝になると思うんですよね。金融緩和でデフレが解消できるかというとやや疑問を持たざるを得ないし、財政というのは使ったお金は誰かの懐に入るわけですから、もちろんプラスだけれども、持続的な成長にはつながりにくいということですよね。持続的な成長を達成するためには、成長戦略が必要なんですけれども、経済が成長するというのは、消費が増える、設備投資が増える、輸出が増えるという支出が増える話なんですけれども、所得が増えれば支出は増えますよね。今やらないといけないのは、所得が増えなくても、まず支出を増やすことで所得を増やし、支出を増やすという循環につなげていく。まず支出を増やす。それには貯蓄を減らすとか、あるいは借金をするとか、そういうことを含めてまず支出を増やすということなんですけれども、それができるのは企業部門なんですよね。企業がそういうことができるように政府がどんな環境整備をするか、後押しをするか、それは税制だろうし、規制改革もやらなくてはいけない、TPPはどうするんだとか、エネルギーはどうするんですかとか、さまざまな問題があるんですけれども、そこをやる。政府が自ら支出の担い手になろうとするのではなくて、民間をどうやって支えるかと、ここにどんな知恵が出てくるかということがすごく注目ですね。

« FOMC、出口戦略、随分変わってきていますよね。2年債の金利、要注目と言っていいかと思いますね | トップページ | 少なくとも今年半ばまでは業績は冴えないものが続く可能性があるということを示しています »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FOMC、出口戦略、随分変わってきていますよね。2年債の金利、要注目と言っていいかと思いますね | トップページ | 少なくとも今年半ばまでは業績は冴えないものが続く可能性があるということを示しています »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ