カテゴリー

最近のコメント

« 古巣対決だったライトフィリップスの一撃でQPRが大金星。レドナップにとって2013年最高の幕開けとなりました | トップページ | ハンデ戦らしく2着以下は大接戦となりましたが、15頭を従えて先頭でゴールを駆け抜けた6番タッチミーノット、待望の重賞制覇となりました »

政府に言われたからやりましたとはまさか言わないとは思いますけれども、なぜやるのか、なぜ今までやらなかったのか、まじめに説明責任が求められると思いますよ

2013年1月4日(金)ワールドビジネスサテライト
 
慶応大学 教授 グローバルセキュリティ研究所 所長 竹中平蔵さん
 
実は2006年、2007年需給ギャップがゼロだったんですよね。その時に、これでいよいよデフレが解消できるという瞬間があったんですが、その2006年3月に日銀は何と量的緩和を急にやめてしまったんです。私はその時に総務大臣だったんですが、大変残念な思いで見ていましたが、実は安倍さんはその時に内閣官房長官です。それは日銀の責任は大きいということを痛切に感じ取られるんだと思うんですね。日銀の説明責任について、10年前の日銀政策決定会合でそのことを言っている。その時に審議委員の中原さん以外は皆反対されたんですよね。今度、もしやるんであったなら、10年前に反対して、なぜ今度は賛成するのか、それが説明責任なんですよ。政府に言われたからやりましたとはまさか言わないとは思いますけれども、なぜやるのか、なぜ今までやらなかったのか、まじめに説明責任が求められると思いますよ。

« 古巣対決だったライトフィリップスの一撃でQPRが大金星。レドナップにとって2013年最高の幕開けとなりました | トップページ | ハンデ戦らしく2着以下は大接戦となりましたが、15頭を従えて先頭でゴールを駆け抜けた6番タッチミーノット、待望の重賞制覇となりました »

ワールドビジネスサテライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古巣対決だったライトフィリップスの一撃でQPRが大金星。レドナップにとって2013年最高の幕開けとなりました | トップページ | ハンデ戦らしく2着以下は大接戦となりましたが、15頭を従えて先頭でゴールを駆け抜けた6番タッチミーノット、待望の重賞制覇となりました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ